第8話

1,252
2023/04/19 09:00
 



紫 耀
紫 耀
あなたは、何をしているの?
紫 耀
紫 耀
…あ、仕事ね!笑
あなた

OLですよ。

紫 耀
紫 耀
へぇー、凄いね!
あなた

えっ、どこが?!

紫 耀
紫 耀
わっ!びっくりした笑



私自身もびっくりするくらいの大きな声が出てしまった。





OLって普通じゃないの?笑







紫 耀
紫 耀
…んー、芸能人は凄いとかアイドルは、、とか言われるけどそんなにすごい?って思うんだよね。
紫 耀
紫 耀
やっぱり俺達もさ、普通の一般人だったわけだし、比べられると尚更なんか傷つくというかねぇ笑
あなた

…私も芸能人凄いなとか思うけど、やっぱり紫耀くんも含めアイドルの方々は、普通の一般人だった訳だよね。

あなた

比べられると、尚更傷つくのも私だったら同じか、な、

紫 耀
紫 耀
…ふふっ、笑
紫 耀
紫 耀
なんかこうやって共感してくれた人初めてで嬉しいな笑
あなた

えぇ、っ?笑

紫 耀
紫 耀
ふふっ、なんでもないよー、ただの独り言!笑
あなた

独り言、、か…笑



と言った後の瞬間





積んで積んで積みまくっていたダンボールの山が





崩れ落ちてその時私の大好きな大好きな___も倒れてしまった。




あなた

や、やっば!私の廉くん…

紫 耀
紫 耀
え?廉…?
あなた

しまった、、

紫 耀
紫 耀
え?え?どういうこと、?
 


そう、私は、、




紫耀くんと同じグループのメンバーの




永瀬廉くんの隠れファンだったのだ。




さっきも永瀬廉くんのアクスタがダンボールの山の上から




崩れ落ちてその時彼の名前を出してしまったのだ。











私、完全にやらかしました。どうしましょう。


















NEXT

プリ小説オーディオドラマ