無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

番外編
まりら様リクエスト

仲間とはぐれてしまい……

…………………………………………………………………………………………


うぅ……やばいやばい。

私は安全な場所を探す途中、みんなとはぐれてしまい、


あなた「あぁ…どうしよぉ…」

私は特別強いわけでもないし……

ガサッ

あなた「ひっ!?」

な、なに…

今ガサッて言ったよね……




放浪グループ

「あれ??間宮さん、あなたさんは…?」

佳奈恵が口を開く。

「あなたちゃん??」

「おーい!!あなたちゃん!」

「あなたちゃん!どこー!」

佳奈恵に続き、響、結月が口を開く。

「あなた……ボク、探してクる。」

ミンジュンが走り出した。


「っミンジュン!」

響が止めるも、ミンジュンは足を止めない。





あなたside


ガサガサッ

グワァァ

あなた「ひっい、いやぁ!!」

突然化け物が後ろから出てきて、驚いた衝撃で、尻もちをついてしまった。

化け物が私の方へ倒れ込んでくる。

あなた「っやだっ」



助けてっ 

あなた「っ助けてっいやだっ!」


次の瞬間、化け物の頭にナイフが刺さった。


あなた「っミンジュン……くん…」

「あなた、ダイジョウブ?」

あなた「あ、あり、がとう、ございます……」

っ生暖かいものが頬をつたった。


「泣かないデ。」

ギュ

あなた「っ怖かった…です…っ」

「もう、ダイジョウブ。」

チュッ

「行こう…」

あなた「は、はい…」





「あなたちゃん!!ミンジュン!!」

「あなたちゃーん!!」

間宮さん達だ……

あなた「結月ちゃん…皆さんも、心配かけてごめんなさい。」

「いや、無事でよかったよ。」

「じゃあ、行こっか、」