無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

1-6

校舎内の廊下はやけに静かで、不気味だ。

ただ、化け物も居ない代わりに避難民ですら1人もいない。

「ここ、ほんとに避難所なんですか?」

最悪の場合、避難民もみんな……

あなた「避難所、な、はずなんですけど…」

「まずいって、これ。なんで誰もいないんだよ!」

甲本さんも口を開いた。

「とりあえず、やつらはいないようなのでココにいて下さい。我々で様子を見てきますから。」

そう言うと、本郷さんと等々力さんは部屋を出ていった。

待っていると、佳奈恵さんが懐中電灯の明かりを確かめていた。

あなた「どこ、行くんですか?」

「お手洗いですけど。」


廊下に出る佳奈恵さん、

あなた「本郷さん達が戻ってからにしたらどうです?」

「一緒に行けって言うんですか?」

一応提案をするが佳奈恵さんは聞く耳を持たず、1人で行ってしまった。




しばらくすると


ドドドドドド……

地響きの様な音が聞こえてきた。

廊下を確認すると

大量の化け物に追われる佳奈恵さんが居た。

「助けてっ……!!助けてっっ!!!」


するとミンジュンくんが近くのストレッチャーで道を封鎖し逃げろっと言った、


私も近くにあったもので化け物を推し避け、

宇和島さん達を連れ階段を登った。