無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

0話
あなた「ふぁぁ……ん、」

スマホのアラームを止めて、

カーテンをあけて、

温かいご飯を食べて、

綺麗な服を着て、

そんな幸せな日常が終わるなんて、

私は知らなかった。


ガチャ

「ヴヴヴヴ……ァァ」


あなた「……え、」

あなた「い、イヤッ」



??「こっちだ!!早く!!」