無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

1ー9

間宮さんは救急車の上へ乗り、車内へ移った。

間宮さんは車内から出ると別の車体に乗り移る。

間宮さんの手の中には輸血パックがある。

合図をもらったのて、武器を間宮さんの方へ投げる。


すると間宮さんは輸血パックを投げて弓で打った。


「降りて!」

そして私たちは教室から脱出した。


「助けて!!」

次の瞬間逃げ遅れてしまった結月ちゃんが走ってきた。

あなた「結月ちゃん!!」

私は周りのヤツらなんか気にせず結月ちゃんの方へ走り、周りのヤツらをなぐる。

ある程度倒し、結月ちゃんのいる場所に向かった。

が、ズボンが釘に引っかかり結月ちゃんは転んでしまった。

あなた「っ結月ちゃん!」

外そうとするが、焦っているせいか一向に外れない。

「結月ちゃん!片倉さん!伏せて!!!」

弓を構える間宮さん…だが、化け物の頭には命中せず、矢が刺さったのは化け物の足だった。


そして立ち上がった化け物の顔をみんなが見た…、

その顔は皆に優しく笑けてくれた、私達のために助けを呼びに行ってくれた

あなた「吾妻…さん……」

吾妻さんだった。


なかなか矢を放てない間宮さんに本郷さんがさけぶ


「打て!!間宮!!!」

そして間宮さんは「すいません…」と呟き、矢を放った。


間宮さんの放った矢は吾妻さんの頭へ命中した。

目の前で仲間が化け物になったことに動揺が隠せず、涙がでてきた。


すると、輸血パックに集まっていた化け物がこちらへ向かってくる。

急いで結月ちゃんのズボンから釘を外し、走り出した。


そして避難所を抜け出し、近くの港で休むことになった。


………………………………………………………………………………………

なんか……ミンジュンとの接点なくね…??by作者