無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第9話

8話
サライside
源サライ
ジャム男!!
ジャム男
ジャム男
サ、サライさん……?
源サライ
ジャム男……
ジャム男が傷だらけ……許せねぇ
源亙次郎
源亙次郎
あ〜来たの?サライちゃん
源サライ
パパ……
源亙次郎
源亙次郎
離してやるよこいつ十分遊ばして貰ったから、な!
ジャム男
ジャム男
ケボケボ
パパがジャム男を蹴飛ばした
許せねぇ
源サライ
おい!
源亙次郎
源亙次郎
なに?サライちゃん
源サライ
やめろ
源亙次郎
源亙次郎
ほらーよ!
パパはジャム男を縛っていた紐を離した
源サライ
ジャム男!
ジャム男
ジャム男
サライさん……
源サライ
良かった……
高城司
高城司
ジャム男帰るぞ
ジャム男
ジャム男
司さん……
おかしい……パパがあんな素直に返すわけがない……
源サライ
司先に行け
高城司
高城司
え、でも
源サライ
早く行け!
高城司
高城司
お、おう
源亙次郎
源亙次郎
サライちゃん俺の異変に気づいたようだね
ポチッ(ボタンを押す)
バーーン(爆発音)
源サライ
広斗危ない!!
雅貴
雅貴
広斗!!
コブラ
コブラ
雨宮!
雨宮広斗
雨宮広斗
っ……!
サライは広斗をコブラの方に預けた
源サライ
ん!あっちぃはぁはぁ
源亙次郎
源亙次郎
サライちゃんバイバイ
源サライ
(・д・)チッくそーーーー!!
コブラ
コブラ
サライ!
源サライ
行け!
雅貴
雅貴
は!?
雅貴
雅貴
司達は鬼邪高の方に戻った!
源サライ
いいから行け!
源サライ
先に行け!!サライは何とかするから!
コブラ
コブラ
っ……行くぞ!
雅貴
雅貴
……
コブラ
コブラ
雨宮!
雨宮広斗
雨宮広斗
っ……
源サライ
広斗行け!
大丈夫、サライは何とかするから、先にいけ
広斗……
???
かっこいいこと言ってんじゃねぇよ!
源サライ
え?
コブラ
コブラ
日向!?
日向
日向
俺らはサライを守るのが仕事なんだよ!
日向……
源サライ
ん、
日向
日向
ちょっと待ってろ!今
助けてやっからよ……サライ!死ぬんじゃねぇぞ!
源サライ
日向…はぁはぁ
日向
日向
耐えろ!
日向
日向
おら!
よく見えなかったが日向が紐を掴みサライの方に飛んできた
日向
日向
よいしょ!
日向はサライを抱いた
日向
日向
何カッコつけてんだよ
お前がいなくなったら九龍を倒す意味なくなるだろ
源サライ
日向……
日向
日向
よし
ドンドン!(小さい爆発音)
日向
日向
早く逃げるぞ!
コブラ
コブラ
あぁ
雨宮広斗
雨宮広斗
おう
雅貴
雅貴
おう
バーーーン(大きな大きな爆発音)
雨宮広斗
雨宮広斗
っ……
日向の方に大きな何かが落ちてきた
源サライ
日向!危ない!!
日向
日向
っ……!!
サライは日向と一緒に転がった
源サライ
ん、大丈夫?
日向
日向
何とかな
源サライ
良かった
雅貴
雅貴
早く乗れ!
日向
日向
サライ立てるか?
源サライ
ん、
力が入らない
力を入れようとすると、火傷した背中に痛みが走る
源サライ
ん!!
日向
日向
おい!雨宮兄弟!、コブラ!俺とサライを乗せることは出来ねぇのかよ!
雨宮広斗
雨宮広斗
俺の方に乗れ!
日向
日向
おう
雨宮広斗
雨宮広斗
サライを抱いて乗れ!
日向
日向
分かった
パパ……サライは今貴方に凄く怒っています
ジャム男殴った事、爆発をさせたことは
源サライ
ぜってー許さねぇ(ボソッ)
そして司と出会いサライと司は聖ブリリアント学園に行った