第5話

🐍
799
2023/09/03 12:04

(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
ぐはっ?!
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
起きろ、朝だ。
ベッドで寝ていた、私の顔面に
枕を投げ込まれた。
もう少し、優しい起こし方はないのかしら。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
まだ寝たい……。
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
ダメだ。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
お願い……。
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
そのお願いは通用しないぞ。
私を無理やり、ベッドから運び出し
1階に連れていこうとするドラコ。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
待て待て!怖いから。
落ちちゃうよ?!
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
じゃあ、僕の首に腕を回しとけ。
死にたくなければな。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
え……。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
締め殺していいてこと?
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
なわけあるか!
死因が運んでた最中とか最悪だ。
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
とりあえず、朝食を済まして。
9と4分の3番線に向かうぞ。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
はーい。
私とドラコは、朝食をしっかりと食べて。
ルシウスさんの車に乗り、9と4分の3番線に向かう。
ナルシッサさんの手料理は美味しかったな……。
🪶_9と4分の3番線_🚂
ルシウス・マルフォイ
ルシウス・マルフォイ
席はもう、指定席を事前に取っておいた。
さすが、ルシウスさん……。
9と4分の3番線には、他のホグワーツ生が
壁の入口から入って来て、どんどん乗車している。
有名な、ハリー・ポッターもだ。
て、今日は見かけてないな。
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
どうした?キョロキョロとして。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
いや、ハリー・ポt
ハリーと聞いただけで、ドラコは眉に皺を寄せ。
私の頬を伺う。
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
ポッターがなんだ??あいつがどうした。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
い、居ないなー?てね?
完全に忘れてた。
ドラコはハリー・ポッターを好んでいないんだった。
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
居ても、居なくてもどうでもいい事じゃないのか?
ドラコ、怒ってる。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
そ!そうだよね!
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
あー!パンジーだぁ。
遠目から見つけた、パンジー・パーキンソンの元へ
ダッシュで逃げた。
パンジー・パーキンソン
パンジー・パーキンソン
あら、あなた。
久しぶりね。
パンジー・パーキンソン
パンジー・パーキンソン
ドラコは一緒じゃないの?
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
ドラコなら、向こうに居るよ。
ちょっと遠い向こうかな?
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
僕はここにいるが。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
ひっ。
背後から、ドラコが苦笑いして
私を見下す。
パンジー・パーキンソン
パンジー・パーキンソン
髪型変えたのね!
パンジー・パーキンソン
パンジー・パーキンソン
ノーセットとは、珍しい。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
でしょ!私が勧めたら
受け入れてくれてさ。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
ま、ドラコはどんな髪型でも似合うから。
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
まぁな。
汽車に乗るぞ。
ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
て、居ない!!

(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
ハリー!見つけた。
ハリー・ポッター
ハリー・ポッター
あなた!久しぶり。
ロン・ウィーズリー
ロン・ウィーズリー
あれ、マルフォイはいないのか?
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
ドラコは汽車に乗ったんじゃないかな?
ハーマイオニー・グレンジャー
ハーマイオニー・グレンジャー
置いていったのね、あなたらしいわ。
クスクスっと笑う3人。
あ、荷物をドラコに渡したままだった
まぁ大丈夫か。
ハリー達と汽車に乗り、個室席へと座る。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
じゃじゃーん!
沢山お菓子持ってきちゃった。
ロン・ウィーズリー
ロン・ウィーズリー
僕も、カエルチョコ買っておいた。
ハーマイオニー・グレンジャー
ハーマイオニー・グレンジャー
ロンとあなたは本当に食いしん坊ね!
ハーマイオニー・グレンジャー
ハーマイオニー・グレンジャー
ホグワーツに着いたら、宴があるんだから
食べ過ぎないように。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
はーい、ハーマイオニーはしっかり者だ。
グリフィンドールがまとまっているのは
ハーマイオニーのお陰様でもあるかも。
ハリー・ポッター
ハリー・ポッター
ねぇ、あなた。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
なに!ハリー。
ハリー・ポッター
ハリー・ポッター
マルフォイはあなたがここに居ること
知ってるの?
ハリー・ポッター
ハリー・ポッター
毎年、指定席を取ってあるんじゃ……。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
あ、、。
(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
忘れてた。

NEXT━━━━━☞💬💗

プリ小説オーディオドラマ