前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog
949
2023/09/03 11:48

(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
貴方は誰?

ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
僕はドラコ・マルフォイ。

ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
君はなんで、いつも木に登っているんだ。

(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
木に登るのが、好きなの。
嫌なことも悲しいことも、忘れられる気がするから。

ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
僕も登っていいか?

(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
いいよ。
でも、お母様には言わないでほしい
怒られてしまうから。

ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
じゃあ。

(なまえ)・ヴェルディ
あなた・ヴェルディ
2人だけの秘密で。

ドラコ・マルフォイ
ドラコ・マルフォイ
2人だけの秘密で。

元気で不思議ちゃん
あなた・ヴェルディ


×


傲慢で意地悪な男の子
ドラコ・マルフォイ



※ハリポタ夢小説  Dorako Molfoy

夜24:00に更新予定。
沢山、ハート❤や応援コメント💬を下さると
次のお話を書いていく励みになります!
【君の特別になりたくて。】Prologご覧ありがとうございます。
では、本編もご覧下さい。🤲

プリ小説オーディオドラマ