無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第一話
今日は入学式。

兄が働いている学園に入学した。

入学式の為
兄はいつもより早く準備をしている。
高地(あなた)
高地(あなた)
優吾兄ちゃん、おはよう
髙地優吾
髙地優吾
あなた、おはよう!

今日入学式で俺少し早く行かないとだから
戸締りは任せた!

あと、ご飯できてるから食べてね!
高地(あなた)
高地(あなた)
うん、わかった。

いただきます。
忙しなく準備をしている兄を横目に

私は兄が作ってくれた朝食を食べた。
髙地優吾
髙地優吾
よしっ、じゃあ行ってきます!

あなた、後でな!
両親の仏壇に手を合わせてから
兄は家を出た。


少しして
朝食を食べ終え
私も学校の準備をし
兄と同じように仏壇の前に立ち
高地(あなた)
高地(あなた)
お父さん、お母さん
行ってきます。
と言い戸締りをして
学校へと向かった。

学校に着くと
校門の前が騒がしかった。

そこの中心には9人の男子生徒が。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回はここまで!


少し短すぎたかな?


次からSnowMan達を出していきます!


もし良ければ
☆と♡をポチってしていただけると
嬉しいです!