無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

第三十七話
やっぱり1人になると
昨日の事を思い出してしまう。


『私は本当にこの人達と居てもいいのだろうか』


とグルグルと頭の中で考えてしまう。

一緒に居ると私以外にも
被害が行くのではないか、とか……


私はみんなの元に直ぐに戻るのをやめて
近くの木陰に腰を下ろした。
高地(あなた)
高地(あなた)
はぁ……

このままでいいのかな……
私は空を眺めてボーッとしていた。


〜一方その頃(みんな)〜
阿部亮平
阿部亮平
翔太おかえり
神崎 唯華
神崎 唯華
おかえりなさい!
渡辺翔太
渡辺翔太
ただいま〜
深澤辰哉
深澤辰哉
あれ?
あなたちゃんと一緒じゃなかったの?
渡辺翔太
渡辺翔太
先に戻ってきちゃった
岩本照
岩本照
え、でも後ろ居なくない?
渡辺翔太
渡辺翔太
嘘っ?
宮舘涼太
宮舘涼太
あなたちゃん、あそこの木陰にいるよ?
佐久間大介
佐久間大介
あ、ほんとだ!
岩本照
岩本照
そろそろ昼にする?
宮舘涼太
宮舘涼太
そうだね

佐久間、準備手伝って?
佐久間大介
佐久間大介
わかったでやんすっ!
深澤辰哉
深澤辰哉
俺あなたちゃんに声掛けてくるわ〜
阿部亮平
阿部亮平
じゃあ、俺と唯華ちゃんで
康二たち呼んでくるよ!
ー阿部sideー
阿部亮平
阿部亮平
勝手に一緒にってなったけど
大丈夫だった?
神崎 唯華
神崎 唯華
え?

全然大丈夫ですよ!
阿部亮平
阿部亮平
それなら良かった〜
俺たちは軽く談笑をしながら
康二達のところに向かった。


康二たちのところに行くと
楽しそうに3人でバドミントンをしていた。
阿部亮平
阿部亮平
康二、目黒、ラウール
そろそろお昼にするってー!
向井康二
向井康二
あ、阿部ちゃんや
ラウール
ラウール
この勝負はお預けだね〜w
目黒蓮
目黒蓮
だなw

まぁ、康二が惨敗だけどねw
向井康二
向井康二
たまたまや、たまたま!

ほら、阿部ちゃん呼んでるし
はよ行くで!
ラウール
ラウール
はいはいw
神崎 唯華
神崎 唯華
ほーら
早く戻りましょ!
阿部亮平
阿部亮平
そうだね
戻ろっか
そうして、俺達は皆のところに戻った。


ー木陰ー
深澤辰哉
深澤辰哉
考え事?
そう言って深澤先輩は隣に腰かけた。
高地(あなた)
高地(あなた)
あ、深澤先輩…。

まぁ、そんなところです。
深澤辰哉
深澤辰哉
それって俺たちに話しにくいこと?
高地(あなた)
高地(あなた)
えっと………
深澤辰哉
深澤辰哉
あー、急にごめん!

言いにくい、よね
高地(あなた)
高地(あなた)
あ、えっと

そういうことでは無いんですけど
迷惑かけちゃいそうで……
深澤辰哉
深澤辰哉
友達って迷惑ってかけるもんじゃない?
高地(あなた)
高地(あなた)
とも、だち?
私は思わず目を丸くした。
深澤辰哉
深澤辰哉
昼一緒に食って
こうやって一緒に遊びに来たり
普段何気なく話してる

これってもう友達じゃない?
高地(あなた)
高地(あなた)
でも……
深澤辰哉
深澤辰哉
俺達は
唯華ちゃんもあなたちゃんも
とっくに俺らの仲間だと思ってるよ

じゃなかったら
あの佐久間が誘うわけないし、ね!
そう言って深澤先輩は立ち上がった。
高地(あなた)
高地(あなた)
ありがとう、ございます。
深澤辰哉
深澤辰哉
よしっ!
じゃあ、戻ろっか

舘さんのご飯が待ってるよ
高地(あなた)
高地(あなた)
あ、はい。
私も立ち上がり一歩踏み出すと
深澤辰哉
深澤辰哉
俺達は仲間に頼られて
迷惑だって思うやつはいないから
あんまり1人で抱え込んじゃダメだよ
そう言って
頭をポンッと撫でて
皆の方へと歩いていった。

私はその少し後ろを歩いた。


皆の所に戻ると
佐久間大介
佐久間大介
あなたちゃん、おかえりでやんすっ!
高地(あなた)
高地(あなた)
た、ただいま戻りました。
向井康二
向井康二
もっと楽にしたらええのに〜
ラウール
ラウール
康二くん、怖がらせちゃダメだよ〜
向井康二
向井康二
ちゃうって、俺なんもしてないって〜
高地(あなた)
高地(あなた)
怖くないですよ?
向井康二
向井康二
良かった〜

めっちゃ安心したわ〜
佐久間大介
佐久間大介
あなたちゃん、ここおいで!
佐久間先輩が自分の隣のスペースに
呼んでくれた。

佐久間先輩の隣に座ると
岩本照
岩本照
全員揃ったし食べよっか

もう、翔太がwwwwwwwww
翔太先輩の方を見ると
お腹空きすぎて今にも意識が遠のきそうな顔をしていた。
渡辺翔太
渡辺翔太
もうお腹ペコペコ……………
目黒蓮
目黒蓮
しょっぴーwww
宮舘涼太
宮舘涼太
じゃあ、食べようか。
深澤辰哉
深澤辰哉
いくよー

せーの!
全員 『いただきまーす!』


目の前には
色とりどりなおかずや
おにぎり、サンドイッチなど

お弁当箱が4つあった。
神崎 唯華
神崎 唯華
これ全部、宮舘先輩が作ったんですか?
宮舘涼太
宮舘涼太
そうだよ。

みんなでどこか行く時は
いつも作ってるよ。
高地(あなた)
高地(あなた)
美味しそう…
目黒蓮
目黒蓮
あなたちゃん、何か取る?
高地(あなた)
高地(あなた)
えっと、卵焼きとサンドイッチを…
目黒蓮
目黒蓮
おっけー
そういって紙皿に
乗せてくれた。
目黒蓮
目黒蓮
はい、どーぞ
高地(あなた)
高地(あなた)
目黒くん、ありがとう
私は紙皿を受け取ると
卵焼きを口に入れた。
高地(あなた)
高地(あなた)
ふわふわで美味しい…。
佐久間大介
佐久間大介
でしょー!
岩本照
岩本照
なんで佐久間が得意げに言うんだよwww
佐久間大介
佐久間大介
いやぁ、国王が褒められてると
民は嬉しいからねww
宮舘涼太
宮舘涼太
口にあって良かったよ

どんどん食べてね
深澤辰哉
深澤辰哉
早く取らないと
ラウール達に取られちゃうよ〜
神崎 唯華
神崎 唯華
宮舘先輩、今度お料理教えてください!
宮舘涼太
宮舘涼太
うん、いいよ
神崎 唯華
神崎 唯華
え、いいんですか?!
宮舘涼太
宮舘涼太
もちろん
渡辺翔太
渡辺翔太
じゃあ、俺試食係する!
ラウール
ラウール
しょっぴー食べたいだけじゃんwww
高地(あなた)
高地(あなた)
皆でするのはどうですか?
みんなの視線が一気に私の方に降り注いだ。

何かまずいことを言ってしまったかもと思い
高地(あなた)
高地(あなた)
えっと、あの………すみません

私………
何かを言わないとと思い
頭の中で言葉を探すけど
頭が真っ白になって
何も思い浮かばなかった。
佐久間大介
佐久間大介
それだー!!!!
高地(あなた)
高地(あなた)
……え?
佐久間先輩が大きな声を出して
少し驚いた。
向井康二
向井康二
あなたちゃん、流石すぎん?!
岩本照
岩本照
みんなですれば
美味しいものも食べられるし
一緒に作れるしね
高地(あなた)
高地(あなた)
え………え?
私は頭の中では理解が追いつかなかった。
宮舘涼太
宮舘涼太
いいアイデアじゃない?
目黒蓮
目黒蓮
今度みんなでしましょうよ
神崎 唯華
神崎 唯華
あなた〜
その時何かお菓子作ろ〜!
高地(あなた)
高地(あなた)
え、あ、うん。
佐久間大介
佐久間大介
デザート付き?!

なんて幸せなんだ!!
渡辺翔太
渡辺翔太
え、いいの?!

めっちゃ贅沢じゃん!
阿部亮平
阿部亮平
翔太www

めっちゃ嬉しそうじゃんw
渡辺翔太
渡辺翔太
だって
涼太達の美味しいご飯を食べた後に
あなたちゃんが作ってくれる
デザートがあるんだよ?

最高じゃん!
深澤辰哉
深澤辰哉
じゃあ、次は皆で料理だね!
佐久間大介
佐久間大介
よーしっ!

次も決まった事だし
これ食って残りの時間遊ぼーぜ!
向井康二
向井康二
せやな!

ラウールたち倒さなあかんしな!
皆で楽しく話しながら
昼食を取り
この後遊ぶ話などをした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回はここまでっ!


いつもより少し長くなってしまった気が…

でも、いい感じに皆を出せた気がする!


舘さんをいい感じにもっと出したい欲がw

今回はイケメンふっかさんを
出せたのでちょっと満足ですwww


これからも応援よろしくお願いいたしますm(*_ _)m