無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

第六話
ー帰り道ー
高地(あなた)
高地(あなた)
唯華、今日はありがとう。
神崎 唯華
神崎 唯華
どーいたしまして!

あなたの為ならいくらでも力貸すよ〜!


あ、じゃあ私ここだから!
またあしたね!
高地(あなた)
高地(あなた)
うん、また明日ね。


そう言って唯華と別れ
家に向かって歩いてると
佐久間大介
佐久間大介
あ!さっきの!
高地(あなた)
高地(あなた)
あ、どうも。

さっきはありがとうございました。
岩本照
岩本照
佐久間、急に走り出すなよー

って、君はさっきの
佐久間大介
佐久間大介
ごめんごめんw
高地(あなた)
高地(あなた)
えっと……
岩本照
岩本照
悪いな、こいつが急に引き止めて。
高地(あなた)
高地(あなた)
いえ、大丈夫です。

特に用事がなければ
これで失礼します。
私は軽く頭を下げ
帰ろうとした時に
佐久間大介
佐久間大介
待って待って!

家の方向こっち?
高地(あなた)
高地(あなた)
そうですけど。
佐久間大介
佐久間大介
なら、俺たちと一緒に帰ろーよ!

俺たちもこっちなんだ〜
笑顔でそう言うと
岩本照
岩本照
おい、佐久間。
急にそんなこと言ったらびっくりするだろwww

ほんと、ごめんな?
こいつこーいうやつなんだよ。
高地(あなた)
高地(あなた)
いえ、大丈夫です。
佐久間大介
佐久間大介
えー、一緒に帰っちゃダメー?
高地(あなた)
高地(あなた)
私はどちらでも。
佐久間大介
佐久間大介
よし、なら帰ろー!
岩本照
岩本照
ったく、調子いいなお前は。
そう言うと一緒に帰路をたどった。
佐久間大介
佐久間大介
あ!俺自己紹介も何もしてなかった!


俺、佐久間大介!
3年生!

んで、こっちが
岩本照、2年生!
岩本照
岩本照
よろしく。
高地(あなた)
高地(あなた)
よろしくお願いします。
佐久間大介
佐久間大介
君は?なんて言う名前?
高地(あなた)
高地(あなた)
えっと………高地あなたです。
1年です。
佐久間大介
佐久間大介
じゃあ、あなたちゃんね!

俺のことは好きに呼んで!

みんなからは佐久間とかさっくんって言われてる!
岩本照
岩本照
俺も好きに呼んでくれ。

みんなからは基本的に照って呼ばれてる。
高地(あなた)
高地(あなた)
はい。
わかりました。


では、私ここなので
失礼します。
佐久間大介
佐久間大介
え、家ここなの?


俺ここ!

まさかお隣さんじゃん!
高地(あなた)
高地(あなた)
そうなんですか?
佐久間大介
佐久間大介
うん、そーなんだよ!


ビックリ!
岩本照
岩本照
じゃあ、俺この先だから
帰るわ。


じゃあね、あなたちゃん。
佐久間大介
佐久間大介
えー!俺にはそーいうのないのかよー!
岩本照
岩本照
うるせーなーwww

じゃあな、佐久間www
佐久間大介
佐久間大介
うん!照またねー!
彼はとても表情豊かな人なのだろう。
高地(あなた)
高地(あなた)
では、私も失礼します。
お辞儀をして家の中に入った。
佐久間大介
佐久間大介
うん、またね!
私は家に帰ると
リビングのソファーに倒れ込んだ。
高地(あなた)
高地(あなた)
はぁ、疲れた。

佐久間さん、表情豊かな人だったなー
そう思いながら
静かに瞼を閉じた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回はここまで!


皆様の応援がとても嬉しいです!


いつもありがとうございますm(*_ _)m


岩本照
岩本照
いつもありがとう。

♡と☆
押してくれると嬉しい(ニコッ)
佐久間大介
佐久間大介
俺からも!

よろしくピーマン!でありまーす!
でございます。(キラシッ)