無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

第三十八話
皆で昼食を食べ終えた後

向井先輩、ラウールくん、目黒くんは
さっきの続きだと言ってバドミントンを

阿部先輩と唯華はフリスビーを

翔太先輩と宮舘先輩は深澤先輩は辺りを散策

佐久間先輩は近くに来た犬と遊んでいた。

私はというと
レジャーシートに座って
遊んでいる皆を見ていた。


すると
岩本照
岩本照
隣、いい?
高地(あなた)
高地(あなた)
あ、はい。
どうぞ
私の返事を聞いた後に
岩本先輩は私の隣に腰を下ろした。
岩本照
岩本照
佐久間ってさ
普段めちゃくちゃ明るくて良い奴じゃん?
高地(あなた)
高地(あなた)
そうですね

それがどうかしたんですか?
私はどうして急にそんなことを聞くんだろうと
思いながら話を聞いていた。
岩本照
岩本照
昔はすげー人見知りでさ
中1の頃オタクだってだけで
いじめられてたんだって。
高地(あなた)
高地(あなた)
え?
私は思いがけない言葉に
驚きを隠せなかった。
岩本照
岩本照
まぁ、俺らが中学入る前の話みたいなんだけどね。
高地(あなた)
高地(あなた)
そんなことが…。
犬とじゃれている佐久間先輩を見て
1ミリもそんな風には見えなかった。
高地(あなた)
高地(あなた)
でも、どうして急にそんな話を………。
岩本照
岩本照
んー、何となくかな。


あ、戻ってきた
佐久間大介
佐久間大介
照ー!!あなたちゃーん!

なんの話ししてんのー?
高地(あなた)
高地(あなた)
えっと…
岩本照
岩本照
佐久間には内緒
佐久間大介
佐久間大介
気になるじゃーん!
岩本照
岩本照
まぁ、そのうち分かるよ。

ね、あなたちゃん
岩本先輩は笑いながらそう言っていたので
私は小さく頷いた。


頭の中では
佐久間先輩がイジメられていたということが
やっぱり想像出来ない。

深澤先輩が言っていた
『あの佐久間が』って言う言葉が
少し引っかかっていた。


あれはどう言う意味だったんだろうか
佐久間大介
佐久間大介
えー、俺も仲間に入れてよー!
そう言いながら私の隣に腰を下ろした。
岩本照
岩本照
ちょっとした昔話だよw
佐久間大介
佐久間大介
ふーん

昔の話、か〜
一瞬佐久間先輩の顔が曇った気がした。

それが杞憂かと思うぐらい
一瞬で笑顔になった。
佐久間大介
佐久間大介
みんなと初めて会ってから
もう3年以上経ってるのか〜

なんか早いよね!
岩本照
岩本照
初めて会った時
佐久間と翔太なんか
すげー怯えられてたの思い出したわ
高地(あなた)
高地(あなた)
どうして、ですか?
佐久間大介
佐久間大介
だって
見た目だけだったら
誰よりも怖かったんだもん〜
笑いながら2人の出会った頃の話をしてくれる。
佐久間大介
佐久間大介
でも話してみれば

めちゃくちゃ可愛いところあるんだよな〜
高地(あなた)
高地(あなた)
可愛いところ?
佐久間大介
佐久間大介
チョコとかタピオカが好きだったり
大型犬とか虫が苦手だったり
甘えん坊だったり〜
岩本照
岩本照
ちょ、なんか恥ずいからやめろってw
高地(あなた)
高地(あなた)
犬、苦手なんですか?
岩本照
岩本照
家に買ってる小型犬なら大丈夫なんだけど
大型犬はちょっと苦手なんだよね
佐久間大介
佐久間大介
あ!あとねお化け屋敷苦手なんだよ!

めっちゃ可愛くない?
高地(あなた)
高地(あなた)
可愛い………
岩本照
岩本照
ちょ、佐久間
もういいだろー
佐久間大介
佐久間大介
ごめんごめんwww
岩本照
岩本照
俺、ちょっとトイレ行ってくるわ
佐久間大介
佐久間大介
行ってらっしゃーい!
岩本先輩が御手洗に席を立ち
私と佐久間先輩だけになった。
高地(あなた)
高地(あなた)
佐久間先輩って何か苦手なものとか
ないんですか??
佐久間大介
佐久間大介
えー、俺〜?

俺は
お茶系とか苦いものかな〜
高地(あなた)
高地(あなた)
苦いの苦手なんですか?
佐久間大介
佐久間大介
そーなんだよ〜

だから抹茶とかブラックコーヒー飲めないんだよね〜
高地(あなた)
高地(あなた)
そうなんですね
佐久間大介
佐久間大介
あなたちゃんは〜?
高地(あなた)
高地(あなた)
辛いものと怖いものが…………
佐久間大介
佐久間大介
えー、可愛い〜!
高地(あなた)
高地(あなた)
可愛くなんて………
佐久間大介
佐久間大介
俺は可愛いと思うよ〜
私は思わず恥ずかしくなった…


こうして話していると

突如後ろから



男1『あれ?お前佐久間じゃね?』
佐久間大介
佐久間大介
え……なん、で……
さっきまで笑っていた佐久間先輩の顔から
笑顔が消えた。


男1『こっちの可愛い子は彼女?』
佐久間大介
佐久間大介
ちが………えっと………
男2『違うなら貰ってもいーよね。
ねぇ、彼女。こんな奴より俺らと遊ばね?』
高地(あなた)
高地(あなた)
嫌、です。
男1『俺らならこんな奴より楽しませれるよ〜』
高地(あなた)
高地(あなた)
そんな風には見えません。
男2『いーじゃんちょっとぐらい』


男は私の手を掴んだ。
高地(あなた)
高地(あなた)
っ………離してっ……
佐久間先輩はいつもとは違って
とても脅えた表情をしている。

恐らくさっき岩本先輩が言っていた
いじめていた人かもしれない。
佐久間大介
佐久間大介
は、離せよっ………
男2『へぇ、佐久間のくせに俺に口答えするんだ』


男は少しイラついた感じで
私の腕を掴んでる手に力が入り
腕に痛みが走った
高地(あなた)
高地(あなた)
っ………
佐久間大介
佐久間大介
その子は関係ない、だろ。
早く、離せよっ……!
佐久間先輩は男の腕を
少し脅えながら掴み

男2『はぁ?てめぇに指図される筋合いねぇよ!』


男は私の腕を話して
佐久間先輩に殴りかかろうとした瞬間
高地(あなた)
高地(あなた)
佐久間先輩っ……!
佐久間大介
佐久間大介
っ………
岩本照
岩本照
あの、俺らの連れに何してんすか?
そこには
男の腕を掴む岩本先輩。

その後ろには
深澤先輩・宮舘先輩・翔太先輩がいた。


男1『お前……岩本………』


男2『チッ………興醒めだ。もう行こうぜ。』


男1『だ、だな…』


そう言って男達が去っていった。
岩本照
岩本照
佐久間、大丈夫か?
佐久間大介
佐久間大介
う、うん……

俺カッコ悪いところ見せちゃったなー
そう言って苦笑いをしてる
岩本照
岩本照
カッコ悪くねぇよ
佐久間大介
佐久間大介
え?
宮舘涼太
宮舘涼太
立ち向かう姿、漫画の主人公みたいだったよ
渡辺翔太
渡辺翔太
昔の佐久間じゃ考えれないね
深澤辰哉
深澤辰哉
あなたちゃんも頑張ったね。
高地(あなた)
高地(あなた)
私は何も………


佐久間先輩。
佐久間大介
佐久間大介
何??
高地(あなた)
高地(あなた)
助けてくれてありがとうございました。
佐久間大介
佐久間大介
ど、どーいたしまして?
岩本照
岩本照
ったく、自信持てよw
そんな感じで一件落着?した。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回はここまでっ!


なんか強引に終わらせた感あるけど
そこは多めに見てください💦


皆さんからの
♡や☆の通知が何よりも嬉しいです!


これからも応援よろしくお願いいたしますm(*_ _)m



最近寒暖差すごいので

風邪とかには気をつけてくださいね!