無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

第二十九話
借り人競争が終わった後
皆と元の場所に戻っている道中
高地(あなた)
高地(あなた)
あ、私ちょっと御手洗に行ってきます。
渡辺翔太
渡辺翔太
わかった、じゃあ先に戻ってるね〜
高地(あなた)
高地(あなた)
分かりました。
そう言って

私は皆と別れて
トイレに向かった。

用を済ませた後
廊下に出て皆の元に戻ろうとした時


女子生徒1「ねぇ、アンタが高地あなた?」
高地(あなた)
高地(あなた)
え、あ、はい。
そうですけど。
女子生徒1「単刀直入に言うけど、あの9人と馴れ馴れしくするの、やめてくんない?」
高地(あなた)
高地(あなた)
どうしてですか?
私はなぜ急にそんなことを言われるのか分からなかった。


女子生徒1「シンプルに目障りだから」
高地(あなた)
高地(あなた)
あなたには関係ありません。
女子生徒1「ウザー」


そう言うと
力強く押され、私はその場にしりもちをついた。
高地(あなた)
高地(あなた)
っ……
彼女は私の髪を乱暴に掴むと

女子生徒1 「これは忠告。次あの9人とつるんだらしめるから。」


そう言うと私の髪を乱雑に離し
彼女は去っていった。
高地(あなた)
高地(あなた)
なんで、私ばっかり………
私は過去にあったことがフラッシュバックして
その場にしゃがみこみ動けずにいた。
ー 一方その頃 ー
向井康二
向井康二
急にあなたちゃんを連れていくから
ほんまビックリしたってw
平野紫耀
平野紫耀
何となくじーこたちと一緒にいるから
いい子そうだなーと思ったから
連れて行っちゃった
向井康二
向井康二
連れて行っちゃった、やないでほんま〜
宮舘涼太
宮舘涼太
相変わらず2人は仲良いね
阿部亮平
阿部亮平
そう言えば、あなたちゃんは?
渡辺翔太
渡辺翔太
あぁ、トイレに行くから
先に戻っててって言われたんだよ
阿部亮平
阿部亮平
そうなんだ
神崎 唯華
神崎 唯華
大丈夫かな……(ボソッ)
深澤辰哉
深澤辰哉
ん?唯華ちゃん
何か言った?
神崎 唯華
神崎 唯華
あ、いえ!
なんでもないですっ!

あ、私はリレーなんで
もう行きますね!
宮舘涼太
宮舘涼太
あ、俺も行ってくるね。
神崎 唯華
神崎 唯華
阿部せんぱーい、置いていきますよー!
阿部亮平
阿部亮平
あ、待って!
俺も直ぐに行く!
そう言って3人は召集場所に行った。



それから10分後…
佐久間大介
佐久間大介
ねぇ、あなたちゃん遅くない?
深澤辰哉
深澤辰哉
確かに。

舘さんたちが行ってから
10分ぐらい経ってるよね
向井康二
向井康二
心配やし探しに行く?
目黒蓮
目黒蓮
さすがに遅すぎるしね
岩本照
岩本照
じゃあ、手分けするか。

俺、ラウール、ふっか

佐久間、康二

翔太、目黒、平野

だな
佐久間大介
佐久間大介
じゃあ、俺達は
校舎の方行こ!
向井康二
向井康二
せやな、御手洗に行くってゆーて
帰ってこやんくなったしな。
深澤辰哉
深澤辰哉
じゃあ、俺たちは
先生達に聞いたり
外を重点的に探そ
ラウール
ラウール
わかりました!
目黒蓮
目黒蓮
僕達はここに残ってた方がいいですね
渡辺翔太
渡辺翔太
入れ違いて戻ってくるかもだしね
平野紫耀
平野紫耀
なら、俺たちはここで!
佐久間大介
佐久間大介
康二、行こ!
向井康二
向井康二
せやな
佐久間と康二は
校舎の方に向かった。
岩本照
岩本照
ふっか、ラウール
俺らも行こうぜ
ラウール
ラウール
わかりました!
ふっかさん行きますよ!
深澤辰哉
深澤辰哉
あぁ!
それぞれ別れてあなたを探しに行った。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回はここまで!

こういう展開をちょっとずつ入れたくて
入れたけど
今回強引すぎたかな〜

次から
ちょっと修正していきます!


いつも、たくさんの応援ありがとうございます!

これからもよろしくお願いしますm(*_ _)m