無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

167
2021/08/20

第10話

夜中の結団式
やべ、寝れない
暑苦しくもなんにもないのになんか寝れない、、、
みんな寝たのかな?
ちょっと庭のブランコやろうかな。

ガラッ
『うわ、ビックリした』
藤原「全員揃ってもた‪w」
『え、みんなここにいたん?』
西畑「なんか寝れへんくてな‪w」
高橋「だってあなたもそやろ?」
『うん…』
大橋「デビュー…やってな、」
大西「正直まだホントのことかわかってない。」
長尾「僕も、」
道枝「僕も、」
『あなたも、』
藤原「みんなそーや、俺やってそう。」
西畑「でも…デビューなんやもんな、」
「「「「…」」」」
長尾「これから、どうしていきます?」
藤原「リーダー、」
大橋「なにわ男子でてっぺん目指そ。ヒーローなろ!
   今いるジャニーズグループ全部超えて、
   おっきくなるで!」
高橋「原点は大阪。拠点は日本。視点は世界。ですもんね。」
長尾「まぁ…それ、俺のやけどな‪w」
みちりゅちぇふた『‪w‪w‪w、、、え?』
「「「「‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w」」」」
『まぁ言ったのは謙社や、』
道枝「でも、‪みんなのやもんな?」
大西「多分?‪w」
長尾「ちょっとすいません、‪w多分要らんこと言いました‪w」
藤原「普通に話しそらしとんねん‪w」
大橋「あ、あなたはみゆと何してたん?」
『え?』
大橋「さっき2人で、何してたん?」
『え?‪wえっとね、親友同士で大切な今後についての女子会って言うのかな?わかんね‪w』
藤原「やから、めっちゃ話ズレてんねんて‪w」
大橋「あー、ごめんごめん‪w」
『えっと、先に行ってて、すぐに追いつくからって言われた。』
「「「…」」」
『やっぱ結構複雑よな。1番仲いい親友がさ、自分の夢でもあることを先に叶えて行くんやもん』
西畑「じゃあ、その分俺たちもちゃんと夢叶えよう」
『トップアイドル?』
大西「そーやな。」
大橋「誰1人欠けんなよ」
西畑「仲良くな」
高橋「みんなで一緒に」
大西「ずっとこの8人で」
道枝「てっぺん目指して」
長尾「ヒーロー目指して」
『視点は世界!』
藤原「盛り上がれんのか?」
「「「「俺らしだいや、やな‪w」」」」

『あー、なんか眠なってきた』
西畑「うわ、もうすぐ日上がるで」
大橋「見てから寝るか‪w」
『新幹線とか大丈夫なん?』
長尾「マネに変更してもらったらええやん」
藤原「簡易に言うなぁ‪w」
大西「あ、あった、!」
道枝「なんかみんな初日の出気分や‪w」
『でも実際初日の出やない?』
藤原「は?‪w」
大橋「まって、今日普通に7月やで?‪w」
『違う違う、デビュー決まって一発目の日の出、初日の出!』
西畑「確かにやわ‪w」
高橋「あなたにしては、頭ええやん」
『多分恭平よりも頭いいと思うで』
道枝「言われてん‪w‪w‪w」