無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

75
2021/09/20

第25話

はろーまいはうす
『ただいまただいまー!』

阿部「お帰り、」

『…』

阿部「え、なに?」

ただいまただいまだから、、、

阿部「あ、‪wおかえりおかえり‪w」

『いぇーい』

阿部「久しぶり〜、ごめんね俺のせいで」

『いーのいーの、みっちーん家泊まれたし』

阿部「そんなに楽しかったんだ」

『最高だったよ』

そうです。わたくし双葉、
正真正銘のマイハウスに帰ってまいりました!
やっぱ居心地いいよね、広いけど←
やっぱここだよね、広いけど←
やっp←
はい、、、


阿部「迷惑かけなかった?」

『ジブンジシンデハワカリマセン』

阿部「自覚は?」

『無いっすね』

阿部「なら最初からそれでいいよ‪w」

『あのねあのね、みっちーママとみっちーのお姉ちゃんとね、すっごい仲良くなったの』

阿部「おぉ〜、良かったじゃん‪w」

『とりあえずなんか歌ってくる〜』

阿部「じゃあデビュー曲歌ってー」

『え?』

阿部「ん?」

『は?』

阿部「へ?」

『ほ?じゃなくて‪wなんで?』

阿部「え、俺隣で聞こうかなーって」

『ちょっとね、まだ未発表なので』
※北海道終わった次の日です

阿部「えぇー」

『お前は弟か!』

阿部「いや、見た目完全兄でしょ」

『そこは否めない』

阿部「だってもう音源持ってるでしょ?」

『な、なぜバレた!(某雪男のピンクさん)』

阿部「別に佐久間の真似して欲しいわけじゃないんだけどさ」

『ちぇ』

阿部「え、なんか最近の反抗的じゃない?ねぇ、反抗期?ねぇ、」

『とりあえずなんか歌ってきまーす』

阿部「いいよ!許可とってやる」

『そんな聞きたい?!』

阿部「あなたの初めてのだからさ、」

『なんか、、、親だよね。うん。』

阿部「そーだ!母さん達に送ろう!」

『ほんとにやめてください。あなたは1番わかっているでしょう!』

阿部「まぁまぁ嘘だから」

『ほんとに兄かよ、』

阿部「酷くない?ねぇ、」←デジャブ

『もうすぐ発表だから楽しみにしてて』

阿部「はーい」

もっとあんな恋がしたくてこんなはずじゃなくて

阿部「(聞いてない)」

シュンとなってキュンとなって初心だね