無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

135
2021/08/27

第14話

イタデン
『どーもこんにちは!なにわ男子の双葉あなたです!』

「どーm『こちらにいらっしゃるのは私の兄で雪男の人ですね。』え、自己紹介させてよ」

『はい、ということで、今日はいろんな人にイタデンしていきたいと思いまーす!』

『えっとですね、まずね、この人だ、』

「え、何してんの?‪w」

『なんか気づいてくれなさそうだからとりまスタ連』

「やっば‪w」

『あ、気づいた。それではー٩(.^∀^.)งLet's go』

  プル
?「なーにー、あなた」

『何してた?』

?「えー?、えっとねー、」

『とりあえずお名前どーぞ』

?「え?高橋恭平っす、」

『うん』

高橋「え?なに?」

『イタデンTV撮ってマース』

高橋「え、」ブチッ)

「‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w」

『この人クソ笑ってる怖い。』

「え、やばくない?」

『それってあなたのこと?それとも恭平のこと?』

「次は誰にするのー?」

『話そらされた、、、えっとねー、』

  プルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルル
『もっしもーし』

?「なに、?どした?」

『なんでもないんだけど、名前言ってー』

?「井上瑞稀」

『また今度ねー、』

井上「え、ちょ、」ブチッ)

「だんだん可哀想になってくるからもう辞めれば?」

『いや、ここまで来たらやる』

「何が目標なんだよ‪w」

  プルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルルルルプルルルル
?「ん、なに?」

『ねぇみゆー?』

?「んぁ?」

『ばいばい』

?「は?」ブチッ)

『ブロック覚悟です』

「乙でーす」

  プルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルルルル
?「ん?」ブチッ)

「は?‪w」

『マジのやつ』

「やべーな‪w」

『次行きましょー』

  プルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルルルル
?「なーにー、あなたなんかあったのー?」

『ねぇママ?』

「‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w‪w」

『眠い』

母「寝てる?」

『多分』

母「亮平は?」

「なに?」

母「あんたさ、クイズ番組以外のテレビ出とる?」

「出てるわ!‪w」

母「まぁいいや、ばいばーい」ブチッ)

「これは多分母親からの遺伝だね。」

『かもね、思ってたより似てることを自覚した』

📞プルルルルルルルプルルルルルルル
「え、鳴ってるよ?」

『さっきの人だ‪w‪w‪w‪w‪w』

「出なよ‪w」

『はーい‪w』

📞プルルルルルル
『もっしもーし』

?「お前さぁ、、ほんまに、ふざけんなよ、、、」

『あれ、モーニングコールやった?』

?「夏休み入って10回目やろ、、、」

『いや、11回だよ、』

?「そんな細かいことえぇねん」

『ということでお名前どーぞ!』

?「は?」

『What's your name?』

「発音よ‪w」

?「マイネームイズ、藤原丈一郎?」

『正解です!てことでばいちゃー』

藤原「は、待てよ」ブチッ)

「丈だったんだ‪w」

『そーですそーです、うちの最年長ですね、』

「ねぇ、次で終わりにして?‪w」

『はーい、じゃあね、トリを務めるのはこの方です!って言って出なかったら今度会った時飛び蹴り食らわすかんな?』

  プルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルルルルプルルルル
?「しもしもー」

『はろはろー』

?「どーしたのー?」

『ばいばーい』

?「ばいばーい?」ブチッ)

『はい、っということで』

「ちょっとまって、さっきの子いいの?」

『うん、大丈夫っしょ』

『今の人が誰か気になった人は#イタデン正体 っていうのつけてツイートしてくださいねー』

「以上!」

『「阿部兄妹でしたー」』

『ばいばい』

「すのも見てね」

 "ISLANDTV男子!"