無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

102
2021/09/01

第20話

みちるーむ
道枝Side
どうも、勢いは枝から道枝駿佑です!
あなたね、くっそ可愛い。そしてくっそ軽い。
これなら一生お姫様抱っこしとけるで、

道枝姉「駿佑ー!早く連れてったげてー」

道枝「はーい」

道枝母「荷物は全部あんたの部屋に置いといたからな」

道枝「おっけーおっけー」


ーin部屋ー
道枝「あなたー、起きてー」

『…zzZ』

道枝「ふーたーばーさーん」

『んー、…zzZ』

道枝「ふーたーb」

『ふたばやぁー、』

可愛い

道枝「夜ご飯シチューなんやけど要らん?」

『いるぅー、…zzZ』

道枝「じゃあ起きてー?」

『たぶんむりぃ、…zzZ』

え、可愛い

道枝「起きひんと食べれんでー」

『いやぁ、、、…zzZ』

あ、電話

  プルルルルルルルプルルルルルルルプルルルルルルルプル
みゆ「はい、みゆです」

道枝「あ、僕、」

みゆ「え、オレオレ詐欺ならぬボクボク詐欺?」

道枝「地味にSixTONESさんの曲聞こえてきそう」←

みゆ「うん、みっちーね、どーしたの?」

道枝「今うちであなたを預かってまして、全然起きひんのやけど起こす方法みゆ知ってるかなーって」

みゆ「あー、あなたに変わって?」

道枝「ほーい、あなた!みゆだよ!」

『みゆー?』

みゆ「起きて起きて、てかなんでみっちー家いんのよ」

『ん、あー、起きる起きる。かくかくしかじかで、もう少ししたらわかるよ』

みゆ「起きてよかった。え、いつ帰ってくんの?」

『ありがとうございます。ちゃんと決まってはないんだけど、2、3週間後かな』

みゆ「学校は?」

『休みとか、リモートとか』

みゆ「そ、じゃあ明日からの朝はどーする?」

『いつも通りで行きましょか』

みゆ「おっけー、じゃ、」

『ばーい』ガチャ)


道枝「起きたね‪w」

『朝は、自分で起きる1割、お兄ちゃんに起こされる1割、みゆのモーニングコール8割だからさ』

道枝「マジか‪w」

『まぢまぢ、てかみっちーの家来たのなんだかんだ始めてかも』

道枝「確かに、あなただけ来たこと無かったかも」

『うわ、悲し』

道枝「じゃあ夜ご飯食べるか」

『シチュー?』

道枝「おん、」

『作ったのみっちーじゃないよね?』

道枝「違うけど、そうだったらなんかあった?(((圧」

『イイエナンデモナイデス』



(『うわ、おいし!おいしいです!』)
(道枝母「ありがとー!あなたちゃんがそう言ってくれて凄い嬉しい!」)
(道枝姉「私もあなた来てくれて嬉しい!」)
(道枝父「やっぱり現実でも可愛いんやな」)
(『え、皆さんありがとうございます』)
(道枝「え、話す前にとりあえず食べようよ」)