無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第84話

初めての沖縄旅行⑭🔞(←注意!)
静かな部屋に俺らの絡まり合う音だけが響く
あなた
あなた
ん…っふ…
DJふぉい
DJふぉい
チュッ…チュウッ…
唇を離すとつぶらな瞳で見つめてくる彼女
DJふぉい
DJふぉい
ん…ベッド行こっか…
あなた
あなた
う、うんっ…
DJふぉい
DJふぉい
よしっ…
俺は彼女をお姫様抱っこしてベッドまで行った
ポスッ
彼女をそっとベッドに降ろす
ギシッ
俺は彼女に跨り馬乗りになった
DJふぉい
DJふぉい
安心して…今日はほんとに丁寧にするから…
そう言い、俺はキスをした
DJふぉい
DJふぉい
チュッ…チュウッ
おでこ、まぶた、ほっぺ…
あなた
あなた
絃歩くんっ…くすぐったいよっ…
DJふぉい
DJふぉい
ん…
俺は唇に触れた
DJふぉい
DJふぉい
チュウッ…チュッ…
あなた
あなた
ん…チュッ…チュウッ
最初は軽く、そして彼女を食べるように甘噛みしながら
DJふぉい
DJふぉい
ハムッ…チュウッ…
あなた
あなた
んんっ…っふ…
俺が首の下に手を回すと彼女も首に手を回してくれた
DJふぉい
DJふぉい
舌…入れるよ…
あなた
あなた
ん…チュウッ…
彼女は言わずとも口を開いてくれた
俺の気持ちに応えるように積極的になってくれる
DJふぉい
DJふぉい
はぁっ…ふっ…クチュッ…クチュッ
あなた
あなた
はぁっ…チュウッ…クチュッ
DJふぉい
DJふぉい
んっ…クチュッ…チュウッ
あなた
あなた
クチュッ…ペロッ
DJふぉい
DJふぉい
クチュッ…クチュッ…
あなた
あなた
いとっ…///…んぁん…っ
DJふぉい
DJふぉい
そんな声で呼ばないで…っ、、
俺は唇から離れた
二人の間を銀の唾液の線が繋いでいる
DJふぉい
DJふぉい
…えろっ…ペロッ
俺はそう言い残し、彼女の首に近づいた
DJふぉい
DJふぉい
チュウッ…
あなた
あなた
んぁ…、いとっ…ほっ…///
DJふぉい
DJふぉい
ペロッ
俺はそっと離れ首元を見た
そこには紅い華が咲いている
DJふぉい
DJふぉい
ん…付いた…俺のシルシ…
あなた
あなた
…///
あなた
あなた
いとっ…///
DJふぉい
DJふぉい
ん、煽ってるの…?
あなた
あなた
めちゃくちゃにしていいよ…っ
DJふぉい
DJふぉい
んーん、今日は大事に抱かせて…気持ちよくするから…
そう言い、俺はバスローブの上から胸に触れた
あなた
あなた
んぁ…っ、、
DJふぉい
DJふぉい
優しく…ね
俺は彼女の反応があまりにも良かったからバスローブの紐を解いた
パサッ
はだけると見える真っ白な肌
ブラも俺の好みのやつを付けてくれてて嬉しい
DJふぉい
DJふぉい
俺好みのやつばい…
あなた
あなた
ん…今日は…ねっ…///
DJふぉい
DJふぉい
触るよ…?
俺はブラの上からそっと胸を揉んだ
あなた
あなた
ああっ…やぁ…ん…
フニッフニッ
DJふぉい
DJふぉい
相変わらず、柔らかいっちゃん…
あなた
あなた
やぁ…んっ…
DJふぉい
DJふぉい
気持ちぃ…?
あなた
あなた
んんっ…気持ちっ…いっ…///
俺は彼女の反応を見ながら背中に手を回した
プチンッ
肩紐をずらすと見える膨らみ
彼女は謙遜しているがかなりある、E以上は確かだな…
そんなことを考えてると彼女が恥ずかしそうにしていた
あなた
あなた
いとっ…恥ずかしいよっ…///
DJふぉい
DJふぉい
そんなことすぐ考えられなくなるばい…
俺は彼女の胸を揉みしだいた
あなた
あなた
やぁん…っ、あんっ…///
フニッフニッ
でも突起部は触らない
俺なりの気持ちでもある
ただ性欲をぶつけるだけになりたくない
DJふぉい
DJふぉい
まだ喘いでよ…、もっと聞かせて…?
あなた
あなた
やぁっ…あっ…
彼女は気持ちいいけど、何だか不服そうな顔をしている
あなた
あなた
んんっ…いとほっ…
DJふぉい
DJふぉい
なに?
あなた
あなた
どして…っ、触ってくれないのっ…んぁ
DJふぉい
DJふぉい
えー、どこを?
彼女は恥ずかしかっているのか言わなかった
DJふぉい
DJふぉい
俺言わないと何もしないよ
あなた
あなた
すると彼女は俺の手を突起部に触れさせた
あなた
あなた
触って…っ…///
DJふぉい
DJふぉい
ん、よく出来ました…
俺は彼女の突起部をつまんだり弾いたりした
あなた
あなた
んぁっ…やぁん…っ
DJふぉい
DJふぉい
舐めようかな…
DJふぉい
DJふぉい
ペロッ…チロチロ…
あなた
あなた
…!やぁっ…んぁっ…!
あなた
あなた
舐めちゃっ…やっ…!///
DJふぉい
DJふぉい
ん?ここ、主張しとるとよ?ピンクで綺麗やし
そう言いながら俺は舐めたりいじったりした
あなた
あなた
やぁん…!気持ちぃ…よっ…っ!///
DJふぉい
DJふぉい
ん…もっと乱れて?喘いで…
俺は優しくしたいのに彼女に煽られてついいじめてしまう
DJふぉい
DJふぉい
下はどーなっとるとかいな…
あなた
あなた
やぁん…っ///
DJふぉい
DJふぉい
折角この下着付けてくれたんや…紐外してもいい…?
あなた
あなた
うんっ…///
シュルッ
俺はそっと紐を解いた
彼女の秘部が露わになる
DJふぉい
DJふぉい
濡れとー…感じてくれたん…?
あなた
あなた
だって…絃歩くんが気持ちよするから…っ…///
DJふぉい
DJふぉい
ん、これからもっと気持ちよくするから…
俺は彼女の秘部をチョンっと触った
あなた
あなた
あぁんっ…///
DJふぉい
DJふぉい
気持ちぃと…?これからもっとそうなるばい…
俺は彼女の秘部に指を入れた
ツプッ…ヌチュ…
あなた
あなた
ああっ…やぁ…っ
DJふぉい
DJふぉい
どこが好きと?ここ?
クチュッ…クチュッ…
あなた
あなた
やぁん…、気持ちぃっ…///
俺はザラザラしたところを見つけてそこで指を曲げてみた
ヌチュ…クチュッ
あなた
あなた
あぁんっ…!やらぁっ…!///
DJふぉい
DJふぉい
ん?ここと?気持ちぃ…?
俺はそこを集中的に弄った
クチュッ…クチュッ
あなた
あなた
やらよぉ…っ…///
彼女の秘部はヒクヒクしてて今にもイきそうだった
ヌプッ…
あなた
あなた
なんで…抜いたの…っ?
DJふぉい
DJふぉい
ここ…舐めていい…?
俺はヒクヒクしている秘部を舐めようと思った
あなた
あなた
…っ、洗ったけど…汚いかもっ…///
DJふぉい
DJふぉい
ん…大丈夫っちゃん…気持ちよくするばい…
そう言い俺は彼女の足を広げ秘部に近づいた
DJふぉい
DJふぉい
チュウッ…クチュッ…ジュルッ
あなた
あなた
ひゃぁんっ…!あぁんっ…///
DJふぉい
DJふぉい
チロチロ…クチュッ…チュウッ
あなた
あなた
やぁん…!やらぁ…!///
DJふぉい
DJふぉい
ん…舐めたら愛液溢れてきとーよ…
DJふぉい
DJふぉい
エロい子っちゃんね…
あなた
あなた
やらぁ…っ、気持ちぃ…よっ…///
DJふぉい
DJふぉい
ん…そろそろイくっちゃない…?
そう言うと俺は彼女の秘部をイかせるように舐めた
あなた
あなた
やらぁ…あんっ…!もぅイくぅ…んぁ…!
DJふぉい
DJふぉい
グチュ…クチュッ…チュパッ
あなた
あなた
あんっ…!やらぁ、、もぅイくっ…!
あなた
あなた
あんっ…ああっ…!///
ビクビクッ
彼女はイった
DJふぉい
DJふぉい
ん…気持ちよくなった…?
あなた
あなた
絃歩くんっ…ごめんっ…///
DJふぉい
DJふぉい
なんで…?
あなた
あなた
だってびしょびしょに…
DJふぉい
DJふぉい
いーよ、だって気持ちよかったんでしょ?
あなた
あなた
うんっ…気持ちぃ…っ…///
そう、彼女は潮を吹いたみたいだった
ここまでなるって凄いな…
やっぱり時間をかけて心から愛したら気持ちいいんだな
そう思った
あなた
あなた
いつもより…気持ちが伝わって来て…気持ちよかったよ…///
DJふぉい
DJふぉい
…そっか…///
DJふぉい
DJふぉい
ここからは一緒に気持ちよく…なろ?
あなた
あなた
うんっ…///
俺はキスをして彼女に覆いかぶさった