無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

お風呂①
ピピピピピッ
お風呂の沸いた音がする
あなた
あなた
あ、沸いたね!先に入っていーよー
DJふぉい
DJふぉい
ん、うん…
返事をしたのに絃歩くんは動こうとしない
あなた
あなた
どうしたの?お風呂入らないの?
DJふぉい
DJふぉい
いや、違うんだけど…
あなた
あなた
絃歩くんは何か言いたそうにしている
DJふぉい
DJふぉい
あ、あのさっ
あなた
あなた
うん?
DJふぉい
DJふぉい
お風呂…一緒にはいら…ない?
あなた
あなた
え…?
DJふぉい
DJふぉい
一緒にはいろ…?
あなた
あなた
っ…、で、でも恥ずかしい…
DJふぉい
DJふぉい
大丈夫だから
DJふぉい
DJふぉい
入ろ?
そうやってあざといお願いしてくるのはずるい…
あなた
あなた
わ、わかった…
DJふぉい
DJふぉい
そっかぁ…ってええ!
あなた
あなた
な、なに…?
DJふぉい
DJふぉい
いいの?
あなた
あなた
うんっ
DJふぉい
DJふぉい
やったぁ…じゃあ一緒行こ
あなた
あなた
じゅ、準備してくるから、、先行ってて
DJふぉい
DJふぉい
わかった