無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第76話

初めての沖縄旅行⑥
私たちは伊丹空港を経由し、那覇空港に着いた
ムシムシしている
あなた
あなた
わぁー!着いたぁ
DJふぉい
DJふぉい
結構暑いな笑
DJ銀太
DJ銀太
俺、半袖に着替えてくる!
MG脇
MG脇
俺も!
そう言い残し2人は走って行った
DJまる
DJまる
俺も着替えようかな…
DJ社長
DJ社長
俺も着替えるわ
DJふぉい
DJふぉい
俺らはどうする?
あなた
あなた
着替えよっかな…
DJふぉい
DJふぉい
よし、行くか、オソロの着る?
DJまる
DJまる
何?お前らオソロいの服なの?
あなた
あなた
うんっ、でも今日は着ない。明日にしよ?
DJふぉい
DJふぉい
そっか、そうしよ。じゃー着替え行こ?
私たちはトイレに行って着替えた
しばらくしてみんなロビーに戻った
DJ銀太
DJ銀太
おいっすー
MG脇
MG脇
まーじ暑い
DJ社長
DJ社長
脇はデブやけんねw
DJまる
DJまる
社長!今日は海に帰れますよ!ww
DJふぉい
DJふぉい
深海魚…ププッ
あなた
あなた
ꉂ(*°ฅ°*)クスクス
DJ社長
DJ社長
みんな置いていくけんね!!
DJ銀太
DJ銀太
いいっすよ、ほかのメンバーで遊ぶんで
DJ社長
DJ社長
!?
すると社長は拗ねて更に深海魚みたいな顔になった
あなた
あなた
www
DJ社長
DJ社長
彼女ちゃんまで!!ヒドイッ
DJまる
DJまる
これからどーします?
DJ社長
DJ社長
んー、とりあえず買い物とか観光は明日からしたいし…
DJ銀太
DJ銀太
じゃあ海行きましょうよ!
MG脇
MG脇
おっ、いいねぇ
DJ社長
DJ社長
泳げんぞ?
DJふぉい
DJふぉい
行くだけ行きましょうよ〜
あなた
あなた
行ってみたい…!
DJ社長
DJ社長
んー、じゃあ行くか!
DJ銀太
DJ銀太
よっしゃぁー!
MG脇
MG脇
海〜
DJまる
DJまる
可愛い女の子いーるかな?
あなた
あなた
私は反射的に絃歩くんの手を握った
ギュッ
DJふぉい
DJふぉい
ん?
あなた
あなた
可愛い女の子いても行かないで…
DJふぉい
DJふぉい
あたりまえっちゃん!ナンパなんかするわけなか、
あなた
あなた
うんっ
DJ社長
DJ社長
おーい、行くぞー?
向こうで社長が呼んでいる
DJふぉい
DJふぉい
行くかっ!
あなた
あなた
うんっ!
私たちは走って社長達の元へ向かった
バスに揺られること30分、綺麗なビーチに着いた
あなた
あなた
うわぁ…!
DJふぉい
DJふぉい
綺麗やね…っ
俺たちは着くなり、すぐに海に走って行った
DJ社長
DJ社長
うぉ!マジ綺麗っちゃん!
MG脇
MG脇
うぉー!魚おるかな?
DJ銀太
DJ銀太
よし、脇行くぞー!
銀太くんと脇くんは走っていってしまった
DJ社長
DJ社長
2時間後にここにこいよー!
MG脇
MG脇
はーい!銀!まてー!
DJふぉい
DJふぉい
俺らは何しよっか?
あなた
あなた
貝殻探さない?
DJふぉい
DJふぉい
おっ、いいね
DJ社長
DJ社長
俺は釣りしてみたいなぁ、まる行かね?
DJまる
DJまる
いいっちゃんね!行きましょう!
DJ社長
DJ社長
2時間後にここ帰って来るっちゃん、お前らもここに集合な
DJふぉい
DJふぉい
うぃーす
社長とまるくんは2人で釣りに行った
DJふぉい
DJふぉい
ふたりきりっちゃん
あなた
あなた
ふふっ、そうだね…
DJふぉい
DJふぉい
沖縄はいっぱい楽しも?デート楽しみ
あなた
あなた
私もっ
2人で慎ましく話していると小さな貝殻が動いていた
あなた
あなた
あっ、ヤドカリ?
DJふぉい
DJふぉい
そうっちゃんね
ちょこちょこと動くヤドカリが可愛くてずっと目で追っていた
あなた
あなた
可愛い…
DJふぉい
DJふぉい
銀太昔はヤドカリだったんだよな…
あなた
あなた
え?
DJふぉい
DJふぉい
あいつ、家がないからいろんな人の家に住んでたんだよ、でも追い出されて…
あなた
あなた
そうだったんだ…
DJふぉい
DJふぉい
今となっては有名で金もある、ここまでしてくれたリスナーや社長に感謝だな
あなた
あなた
っ…
私はギュウッと絃歩くんを抱きしめた
DJふぉい
DJふぉい
…!
あなた
あなた
私は絃歩くんの昔を知らない。傷も癒してあげられなかった。でもこれからはずっと一緒にいるから、いつでも頼ってね
DJふぉい
DJふぉい
おう…、ありがとう…
俺も抱き締め返してしばらくそのままでいた
DJふぉい
DJふぉい
ん…、せっかくだし散歩してみる?
あなた
あなた
うんっ
ギュッ
俺は恋人つなぎをして彼女の手を引いた
トコトコトコトコ
あなた
あなた
綺麗な海だね…
DJふぉい
DJふぉい
そうだなっ
あなた
あなた
久々にゆっくり出来るね
DJふぉい
DJふぉい
ほんと、ライブで忙しかったし…
DJふぉい
DJふぉい
あれ、なんか道がある…?
そこには潮が引いて出来た細い一本道があった
DJふぉい
DJふぉい
行ってみる?
あなた
あなた
ん…気になる、行こっ?
DJふぉい
DJふぉい
うん
俺たちはその道を歩いて行った
近づくにつれて見える小さな鳥居、そして神様を祀っているであろう小さな建造物
そしてそこには背中の曲がったおばあさんがいた
あなた
あなた
こんにちはっ…
おばあさん
おばあさん
あら、見かけない顔ねぇ
DJふぉい
DJふぉい
僕たち旅行で来たんです
おばあさん
おばあさん
そうかい…、何故ここに?
DJふぉい
DJふぉい
道があって気になって…
おばあさん
おばあさん
そうかいそうかい…
おばあさんは私たちをみて微笑んだ
おばあさん
おばあさん
貴方たちは恋人同士のようねぇ
おばあさん
おばあさん
私も夫が生きていたとき、2人でよくここに来たの…
あなた
あなた
えっ…
おばあさん
おばあさん
夫はね…病気で…
DJふぉい
DJふぉい
そうだったんですか…
おばあさん
おばあさん
ここは思い出の場所で、私たちよく2人で来てたの
おばあさん
おばあさん
あの人はここで私にプロポーズしてくれたわ
おばあさん
おばあさん
懐かしいわね…
そういい、おばあさんは手首にかかっているブレスレットを撫でた
あなた
あなた
そのブレスレット綺麗ですねっ…
おばあさん
おばあさん
これはね、夫がくれたのよ。永遠の愛って意味があるらしいのよ…
俺はその話を聞いてブレスレットの事が気になった
DJふぉい
DJふぉい
そのブレスレットって今も作られているんですか?
おばあさん
おばあさん
えぇ、職人の方が…今は観光地にいるのかしらねぇ…
DJふぉい
DJふぉい
そうなんですね…
俺はこれが欲しいって思った。最終日にもう1回ここに来て彼女に渡したい…
あなた
あなた
あっ、もう日が落ちてきてる…
おばあさん
おばあさん
ほら、帰らないと
おばあさん
おばあさん
この道は朝夕の4時に道が開くからね、1時間だけだよ
DJふぉい
DJふぉい
ありがとうございますっ
あなた
あなた
ありがとうございますっ
おばあさん
おばあさん
さぁさぁ、帰ろう
私たちは3人で元のビーチに戻った
DJ社長
DJ社長
あっ、ふぉい!
DJまる
DJまる
遅いっちゃん!
おばあさん
おばあさん
あら、お友達?
あなた
あなた
はいっ!
おばあさん
おばあさん
今日ご飯はどこで食べるのかしら?
DJふぉい
DJふぉい
いや、まだ決まってないです…
おばあさん
おばあさん
なら、うちにいらっしゃい!沖縄料理振る舞いたいわ!
DJ社長
DJ社長
ふぉい、こちらの方は?
DJふぉい
DJふぉい
さっき会った方、ご飯ご馳走して下さるってゆってくれてるんだけど…
おばあさん
おばあさん
もし良ければうちに来ない?
DJ社長
DJ社長
いいんですか!
おばあさん
おばあさん
えぇ、皆さんご一緒に
DJ銀太
DJ銀太
よっしゃー!おばあちゃんありがとう!
MG脇
MG脇
俺いっぱい食べたい!
DJまる
DJまる
おれもー!
DJ社長
DJ社長
じゃあお言葉に甘えて…ありがとうございます!
おばあさん
おばあさん
じゃあ行こうかねぇ、すぐそこよ
DJふぉい
DJふぉい
行こ?
あなた
あなた
うんっ!
私たちはおばあちゃんの好意に甘えて、ご馳走になることにした