無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第173話

我が子の誕生①
あれから数ヶ月
もう私は臨月に入っていた
妊娠40週目
予定日は2日後だった
DJ社長
DJ社長
事務所に来てて大丈夫なんか〜?
DJふぉい
DJふぉい
休んでた方がいいって言ったんですけど
あなた
あなた
だって家に誰もいない中陣痛来たら怖いでしょ?
DJまる
DJまる
確かに…
DJ銀太
DJ銀太
今日はみんないるから大丈夫ばい!
MG脇
MG脇
車の運転できる人もいるしね!
DJふぉい
DJふぉい
まぁ、じっとしててね?
あなた
あなた
うん!
MG脇
MG脇
どうなの?実際
あなた
あなた
お腹がすごく張って痛いかな…
DJふぉい
DJふぉい
病院行ってみた方がいいかなと思って、仕事終わったら行くんで…
DJ社長
DJ社長
おぉ、わかった
DJ社長
DJ社長
今日は早めに終わらせよ
DJ銀太
DJ銀太
なんか飲みもんいる?
あなた
あなた
あ、ポカリある?
DJ銀太
DJ銀太
おぅ、
DJ銀太
DJ銀太
水分よく取れよ
あなた
あなた
ありがとう
あなた
あなた
飲む前にちょっとトイレ行ってくるね
DJふぉい
DJふぉい
1人で行ける?
あなた
あなた
大丈夫だよ
DJふぉい
DJふぉい
なんかあったら呼んでよ?
あなた
あなた
うん!
ガチャッ
トントントントン
ウィーン
あなた
あなた
ふぅ…
あなた
あなた
お腹…張って痛いなぁ…
ポタポタポタポタ
あなた
あなた
痛っ…
あなた
あなた
ん…?
あなた
あなた
あれ…
異変に気づくと無色透明の液体が流れて出ていた
あなた
あなた
お腹痛い…っ
あなた
あなた
破水…っ
陣痛
その二文字が頭をよぎった
あなた
あなた
絃歩呼ばなきゃ…っ
ガチャッ
あなた
あなた
痛い…っ
ガチャッ
あなた
あなた
絃歩…っ
DJふぉい
DJふぉい
…!?どしたの!?
あなた
あなた
お腹痛い…っ
あなた
あなた
破水したかも…っ
DJ社長
DJ社長
まじで言っとる!?
DJ銀太
DJ銀太
びょっ、病院…っ
MG脇
MG脇
救急車呼ぶより車で行った方が早いだろ!
DJまる
DJまる
俺、運転する!
DJふぉい
DJふぉい
よし行こう…!
DJふぉい
DJふぉい
必要最低限のものはあるから
DJ社長
DJ社長
俺、荷物もってやるよ
MG脇
MG脇
車の中にひざ掛けとかひいてくる!
DJふぉい
DJふぉい
ありがとう
あなた
あなた
痛い…っ
DJふぉい
DJふぉい
大丈夫、俺が付いてるから
そういい、俺は彼女を姫抱きにして運んだ
ガチャッ
DJまる
DJまる
とりあえずシートに横になってもらって
DJまる
DJまる
1番後ろ、ふぉいと2人で乗って
DJふぉい
DJふぉい
おけ
MG脇
MG脇
ひざ掛け、あとクッション
MG脇
MG脇
タオルも一応
DJふぉい
DJふぉい
ありがとうな
DJ銀太
DJ銀太
一応水分もいると思って、ポカリとか持ってきたんだけど
DJふぉい
DJふぉい
おぉ!銀太サンキュ!
DJ銀太
DJ銀太
…!おぅ!
あなた
あなた
銀ちゃ…水…っ
DJ銀太
DJ銀太
ごめんごめん、
DJ銀太
DJ銀太
ふぉいに渡すから飲ませて貰って?
DJふぉい
DJふぉい
ん、少し飲も
あなた
あなた
ゴクッゴクッ
DJ社長
DJ社長
荷物は全部持ってきたぞ
DJ社長
DJ社長
一応、上着俺のだけど必要だったら使って
DJふぉい
DJふぉい
社長、ありがとうございます
DJ社長
DJ社長
いいとよ、とりあえずふぉいはよく様子を見てろよ
DJふぉい
DJふぉい
はい
DJまる
DJまる
よし!じゃあ出発するっちゃよ!
DJふぉい
DJふぉい
すぐ着くからな
あなた
あなた
うんっ…
DJふぉい
DJふぉい
りゅー、みんな頼んだ
DJまる
DJまる
おぅ!
俺たちは間に合わせるため急いで病院へと向かった