無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第83話

初めての沖縄旅行⑬
部屋に戻ると目の前にあったソファーに腰掛けた
大きな窓ガラス、一面ガラス張りでオーシャンビューが広がる
あなた
あなた
すごく綺麗だね…
DJふぉい
DJふぉい
そうだな…
2人で見つめてるとドアをノックされた
ホテルマン
ホテルマン
私でございます
あなた
あなた
あっ、ワインかな?
DJふぉい
DJふぉい
はーい
ガチャ
ホテルマン
ホテルマン
松本様、ワイン持ってまいりました
あなた
あなた
わぁ、ありがとうございますっ
ホテルマン
ホテルマン
いえ、お注ぎ致しましょうか?
DJふぉい
DJふぉい
んー、僕がしてあげたいんで…
ホテルマン
ホテルマン
かしこまりました、ではごゆっくりお楽しみ下さい
一礼するとドアをしめ部屋を後にした
あなた
あなた
絃歩くんがしてくれるの?
DJふぉい
DJふぉい
うんっ、今日は俺がする
DJふぉい
DJふぉい
早く2人きりになりたかったし…
あなた
あなた
…っ///
DJふぉい
DJふぉい
さ、お姫様?こちらへどーぞ?
絃歩くんは片手にはワインを持って私の手を引いてくれた
すとんっ
カチャカチャ
ポンッ
トクトクトクトク…
静かな部屋に音が響く
DJふぉい
DJふぉい
はい、どーぞ
あなた
あなた
あっ、ありがとうっ
DJふぉい
DJふぉい
じゃあ…乾杯っ
あなた
あなた
乾杯っ
カチャンッ
私たちはグラスを合わせ、一飲みした
DJふぉい
DJふぉい
んー、まだ美味しさがイマイチ分からないなぁ…
あなた
あなた
私も…、いつか窘めるようになりたいねっ
DJふぉい
DJふぉい
ん、確かに…
DJふぉい
DJふぉい
俺、ワインが飲めるカッコイイ大人になりたいわ
DJふぉい
DJふぉい
で、ドレスコードのある店で手を引いて歩きたい
あなた
あなた
いいね…、そんな大人になりたいね…
私たちは未来の話をしながらワインを飲んだ










しばらくしてビンの中身は無くなった
DJふぉい
DJふぉい
ん…終わったね…
あなた
あなた
そうだねっ…
絃歩くんは心無しかちょっと顔が赤い
あなた
あなた
酔ってる…?
DJふぉい
DJふぉい
ん?いーや、これからのこと考えてた…
あなた
あなた
…!///
DJふぉい
DJふぉい
先にお風呂行っておいで?
あなた
あなた
うんっ…
私は1人でお風呂に向かった
多分絃歩くんなりの心遣いだろう
私はぬかりなく体を隅々まで洗った
これから抱かれるのだと思うとやっぱり恥ずかしいものがある
あなた
あなた
…っ、綺麗に洗っておこ…
私は綺麗に洗い、この先のことに備えた








ガラガラッ
あなた
あなた
あっ、上がったよ…
DJふぉい
DJふぉい
ん、じゃあ俺入ってくるね
俺は彼女の頭を撫で、風呂に向かった
DJふぉい
DJふぉい
ふぅ…
これから抱くと考えるといつもの事なのに状況的にも緊張した
でも、俺も男だ。どんなプレイしようとかやっぱり考えてる
入りながらぼーっとしてるといいアイデアを思いついた
DJふぉい
DJふぉい
できるかな…、でも一生の思い出っちゃん
俺は色々と考えながら風呂をあがった










ガラガラッ
あなた
あなた
あっ…
彼女は窓から景色を眺めていた
バスローブに包まれた小さな彼女
俺は後ろからギュッと抱きしめた
あなた
あなた
…///
DJふぉい
DJふぉい
俺、大好きっちゃん
DJふぉい
DJふぉい
愛しとるっちゃん
DJふぉい
DJふぉい
伝わる…?
私は絃歩くんの鼓動を感じた
バスローブ越しに伝わるドクドクとした音
あなた
あなた
うんっ…伝わるよ…
DJふぉい
DJふぉい
俺、抱きたいって欲望だけじゃないばい
DJふぉい
DJふぉい
俺の気持ち伝わって欲しい…
DJふぉい
DJふぉい
今日は丁寧に抱くから…っ
すると彼女はくるっと俺の方を向いて抱きついてきた
あなた
あなた
絃歩くん…、私も今日覚悟してたよ…
そして俺にキスをして言った
チュッ…
あなた
あなた
抱いて…下さい…、絃歩くんのものにして…?
DJふぉい
DJふぉい
ん…もちろん、俺のものになって…
俺は今日彼女を完璧に俺のものにしたい
体も心も全部捧げて欲しい
俺は静かに抱きしめて後頭部に手を回した
そしてそっとキスをした
ここからは俺らの長い夜の始まり