無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第91話

彼女からの告白②
なんとか早足で帰ったから乗り切れた
結局あの足音は最後まで消えることなくずっと付いてきた
あなた
あなた
ただいま〜
DJふぉい
DJふぉい
ただいま〜
あなた
あなた
じゃあ私ご飯するから!絃歩くんはお仕事してていーよ!
DJふぉい
DJふぉい
ん、頼むっちゃん
DJふぉい
DJふぉい
多分他のメンバーも帰ってくるからしてくれてると嬉しいな
あなた
あなた
ん、大丈夫だよ!しておくねっ
DJふぉい
DJふぉい
ありがとう
俺はお礼をいい、部屋に入った
一人になるとまた感じるあの時の恐怖
彼女が早足で帰るのも気になるがこの不安な気持ちが何かを表しているようで怖かった
DJふぉい
DJふぉい
ふぅ…、気にしないこと…
DJふぉい
DJふぉい
仕事しよっ…
俺は気にせず仕事に集中した
一方彼女は…
あなた
あなた
よし、まずはチキンライスを作らなきゃ
野菜をみじん切りにして炒めたりした
あなた
あなた
野菜苦手な人がいるし…大丈夫かな
心配ではあったが気にせず炒めた
それと同時に思い出す、あの足音
一人で買い物に行くのが怖くなった
実は絃歩くんに言ってないが、しばらく前からこんな感じが続いている
あなた
あなた
今日…相談してみようかな
不安ではあったが、ご飯を作ることに集中した











しばらくしてできたチキンライス
あなた
あなた
ふぅっ…できたっ
あなた
あなた
後は卵を乗せて…ケチャップで…っと
みんなの名前を書いて机に並べた
DJ社長
DJ社長
んー、、なんかいい匂いがする…
あなた
あなた
あっ、社長!今日はオムライスにしましたっ
DJ社長
DJ社長
おー、いいねっ、ありがと!
DJふぉい
DJふぉい
あー、社長だぁ〜
あなた
あなた
絃歩くん!出来たよ?
DJふぉい
DJふぉい
おぅ、いい匂いがしたから来たっちゃん
DJふぉい
DJふぉい
アイツらが帰ってきたらたべよーかなっ
そう絃歩くんが言うと元気な挨拶が聞こえてきた
MG脇
MG脇
かえりましたー
DJ銀太
DJ銀太
ただいま〜
DJまる
DJまる
帰ったよ!
あなた
あなた
あっ、おかえり!
DJまる
DJまる
いい匂いするっちゃね〜
あなた
あなた
今日オムライス作ったの!
MG脇
MG脇
食べていいと!?
あなた
あなた
うんっ!
DJ銀太
DJ銀太
うわー!すげぇ!名前がある!
あなた
あなた
みんなで食べてね〜
私はそう言うとちょっとその場を離れようと思った
また急に不安が押し寄せてきてご飯どころじゃない
DJふぉい
DJふぉい
ん?食べないの?
あなた
あなた
あ、うん
あなた
あなた
ちょっと疲れてて…、絃歩くんお部屋借りるね
DJふぉい
DJふぉい
あ、おぅ…
ガチャ
DJ社長
DJ社長
どしたんだ?
DJ銀太
DJ銀太
いただきまーす!
MG脇
MG脇
うんっま!
DJまる
DJまる
体調悪いんじゃないんすか?
DJふぉい
DJふぉい
俺は心配で食べる気にならなかった
折角作ってくれたのに冷ますのは失礼
でも…
DJ社長
DJ社長
ふぉい…、心配なら行ってみたら?
DJふぉい
DJふぉい
でも…
DJ社長
DJ社長
ご飯は後で温めて一緒に食べたらいいっちゃん
DJ社長
DJ社長
今聞いてあげるのが一番っちゃん
DJふぉい
DJふぉい
…分かりました
俺はご飯を置いて部屋に向かった