無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

みんなで旅行に行こう③
私は先にお風呂に入った
備え付けの露天風呂
すごく広いわけではないが、2人で十分足は伸ばせる
あなた
あなた
わぁっ…!
あなた
あなた
すごーい…
私はお風呂の綺麗さに驚いた
あなた
あなた
こんないい部屋用意してもらって…
ちょっと申し訳なくなったが折角の好意、存分に楽しもうと思った
ザパッ
私は体と頭を洗い、温泉に入った
あなた
あなた
あぁ〜っ!気持ちぃ〜!
熱々のお湯が体に染み渡る
あったまっているとガラッとドアが開いた
DJふぉい
DJふぉい
俺も入る〜…
あなた
あなた
酔いさめたの?
DJふぉい
DJふぉい
や、まだ抜けねぇけど〜
DJふぉい
DJふぉい
俺も入りゅよ〜
あなた
あなた
まだ酔ってるし笑
あなた
あなた
体だけ洗って入ってね
DJふぉい
DJふぉい
んー
DJふぉい
DJふぉい
洗ってぇ?
あなた
あなた
えーっ…折角浸かってるのに…
DJふぉい
DJふぉい
お願いぃ
パチンッと手を合わせあざとくお願いしてくる絃歩くんは確信犯だ
あなた
あなた
わかったよ、じゃあシャワーの前に行って
私も上がって絃歩くんの元に行った
あなた
あなた
ほら、座って?
DJふぉい
DJふぉい
んん〜
絃歩くんが座って私も泡の準備
あなた
あなた
じゃあ洗うからね
そう言って私は背中から洗った
ゴシゴシゴシゴシ
あなた
あなた
痒いところない?
DJふぉい
DJふぉい
うんっ…うまいねぇ
あなた
あなた
そ?
DJふぉい
DJふぉい
あっ、ちょっと肩のところ痒いぃ
あなた
あなた
分かった
ゴシゴシ
あなた
あなた
どう?
DJふぉい
DJふぉい
ん、いい感じ
あなた
あなた
じゃあ、あとは…っと
残りの部分を全部洗った
ザパッ
あなた
あなた
ん、出来たよ?
DJふぉい
DJふぉい
ありがとぉ
あなた
あなた
覚めてるの?笑
DJふぉい
DJふぉい
んー、わからん笑
まぁ、まともに会話はできるから大丈夫だろう
DJふぉい
DJふぉい
じゃあ俺、頭洗ったら入るから
あなた
あなた
先に入っとくね
そう言い残し湯船に浸かった
あなた
あなた
ふぅ…
ここから見える絃歩くんの後ろ姿
細いけど程よい筋肉が付いていて
思わず見とれてしまった
DJふぉい
DJふぉい
なーに見てんの?笑
あなた
あなた
えっ、いやっ…
DJふぉい
DJふぉい
鏡に映ってたよ?
DJふぉい
DJふぉい
へーんたーい笑
あなた
あなた
もうっ!!
そう言って私は恥ずかしくなってそっぽ向いた
DJふぉい
DJふぉい
うそうそ笑
そう絃歩くんは言うと洗い終わったのか湯船に入ってきた
ザバッ
あなた
あなた
洗い終わったの?
DJふぉい
DJふぉい
うんっ
あなた
あなた
さっきのことが恥ずかしくて前を向けなかった
ギュウッ
DJふぉい
DJふぉい
拗ねないで…?
あなた
あなた
っ…///
あなた
あなた
もう…
DJふぉい
DJふぉい
ちゅきちゅき〜
あなた
あなた
恥ずかしいよっ
謎の沈黙が流れる
DJふぉい
DJふぉい
あなた
あなた
どうしたの?
DJふぉい
DJふぉい
綺麗な肌やね…
DJふぉい
DJふぉい
真っ白で
DJふぉい
DJふぉい
ふわふわの胸で
DJふぉい
DJふぉい
くびれたボディライン…
あなた
あなた
っ…
DJふぉい
DJふぉい
今すぐ抱きたいけど明日早いからね…
DJふぉい
DJふぉい
今日はこれだけ…
チュウッ…
あなた
あなた
あっ…んっ…
絃歩くんは首に吸い付いてきた
DJふぉい
DJふぉい
チュウッ
DJふぉい
DJふぉい
よしっ、付いた…
DJふぉい
DJふぉい
俺のっ
あなた
あなた
っ…うんっ…///
DJふぉい
DJふぉい
ほら、もーちょっと浸かって上がろ?
あなた
あなた
そうだねっ
しばらく浸かってライブの思い出話とかしながら過ごした
DJふぉい
DJふぉい
ふうっ…暑いし上がろーかな
あなた
あなた
私もっ…
私たちは体を拭いて上がった