無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第166話

小さな命、ようこそ②
ガチャ
DJふぉい
DJふぉい
こんちわーっす…
DJ社長
DJ社長
おぉ、ふぉい
DJふぉい
DJふぉい
あっ、社長
DJ社長
DJ社長
ん、どした?元気ないなぁ
DJふぉい
DJふぉい
あ、いや…
DJまる
DJまる
ふぉいおはよ!
DJふぉい
DJふぉい
りゅー、おはよ
DJまる
DJまる
DJ社長
DJ社長
まぁ…とりあえず編集部屋に来て
DJふぉい
DJふぉい
はいっ
DJまる
DJまる
ふぉい、ジュース持ってくね
DJふぉい
DJふぉい
おぅ、ありがとうな
トントントントンッ
キィーッ
ガチャッ
DJ社長
DJ社長
入って、
DJふぉい
DJふぉい
失礼しまーす…
DJ社長
DJ社長
さっそくなんだけど…
DJ社長
DJ社長
ここをもう少しこうして…
DJふぉい
DJふぉい
さっきから社長の声が入ってこない
最近の彼女の様子が気がかりでどうしようもなかった
DJ社長
DJ社長
…ってことなんだけど
DJ社長
DJ社長
ふぉい?
DJふぉい
DJふぉい
DJ社長
DJ社長
ふぉい!
DJふぉい
DJふぉい
…!あっ、はいっ
DJ社長
DJ社長
聞いとった?俺の話
DJふぉい
DJふぉい
あっ、いや…
DJ社長
DJ社長
どしたん?なんかやっぱりおかしいっちゃん
DJ社長
DJ社長
隠しても無駄ばい
DJふぉい
DJふぉい
…っ
社長にはなんでもお見通しらしい
DJふぉい
DJふぉい
実は…
DJ社長
DJ社長
DJふぉい
DJふぉい
最近彼女の様子がおかしいんです
DJ社長
DJ社長
どゆこと?
DJふぉい
DJふぉい
その…吐き気を催していたり
DJふぉい
DJふぉい
肉類を食べなくて野菜ばっかりで
DJ社長
DJ社長
それって…
DJ社長
DJ社長
妊娠…なんじゃないか…?
DJふぉい
DJふぉい
えっ…
確かに結婚してから避妊はしてない
だからできるのも理解した
DJ社長
DJ社長
ふぉいに言い出せないままいるんじゃないか…
DJ社長
DJ社長
忙しそうとかって遠慮してたり
DJふぉい
DJふぉい
そんな…っ
DJ社長
DJ社長
もう今日はいいから
DJ社長
DJ社長
早く家に帰ってあげて
DJ社長
DJ社長
結果はまた聞くから
DJふぉい
DJふぉい
でも…っ
DJ社長
DJ社長
大丈夫、今日はまるもいるし
ガチャッ
DJまる
DJまる
ほーい、ジュース持ってきたよー
DJ社長
DJ社長
あっ、まる
DJ社長
DJ社長
ふぉい帰るからジュースあげて
DJまる
DJまる
えっ、あっ、はい…?
DJふぉい
DJふぉい
りゅー、ありがとな
DJまる
DJまる
う、うん…
DJ社長
DJ社長
ふぉい、帰りな
DJふぉい
DJふぉい
はいっ、ありがとうございます
DJ社長
DJ社長
ん、また連絡してくれ
DJふぉい
DJふぉい
はい
ガチャッ
俺は急いで家に向かった

















ガチャッ
DJふぉい
DJふぉい
ただいま〜
何も音のしない家
俺はリビングに早足で向かった
あなた
あなた
すぅ…すぅ…
DJふぉい
DJふぉい
あれ…、寝てる…
俺は体に悪いと思いベッドに運ぼうとした
すると見える手に握ったひとつの物
DJふぉい
DJふぉい
えっ…
そこには妊娠検査薬があった
あなた
あなた
ん…
あなた
あなた
あれ…?いと…
DJふぉい
DJふぉい
うん…
俺はギュッと彼女を抱きしめた
あなた
あなた
…っ
DJふぉい
DJふぉい
これ…
俺は手に持っている妊娠検査薬を指さした
あなた
あなた
その…っ
DJふぉい
DJふぉい
いるの…?
あなた
あなた
えっ…?
DJふぉい
DJふぉい
ここに俺との赤ちゃんが…いるの…?
あなた
あなた
…コクッ
DJふぉい
DJふぉい
ほんとに…っ…?グスッ…
あなた
あなた
でも…絃歩に迷惑になる…っ
DJふぉい
DJふぉい
なんで!!
あなた
あなた
…!
DJふぉい
DJふぉい
俺は…ずっと待ち望んでた…っ
DJふぉい
DJふぉい
この日が来るのをどんなに待っていたか…
あなた
あなた
…っ
DJふぉい
DJふぉい
だから…迷惑になるなんて考えないで…っ
あなた
あなた
…ヒック…グスッ…
あなた
あなた
ごめんね…っ、ありがとう…っ
DJふぉい
DJふぉい
大丈夫…、こちらこそありがとう…っ
俺は彼女とお腹にいる新たな命を守るように抱きしめた
DJふぉい
DJふぉい
ありがとう…、俺が守っていくからね
あなた
あなた
うんっ…
DJふぉい
DJふぉい
愛してる…
俺は彼女にそっとキスをした
DJふぉい
DJふぉい
チュッ…
あなた
あなた
ん…
ありがとう
新たな命、ようこそ松本家へ