無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

誕生日当日①
ピピピピピッ
目覚ましの音に朝だと感じる
あなた
あなた
んっ…
DJふぉい
DJふぉい
ふわぁ…んー、おはよぉ…
あなた
あなた
おはよ
DJふぉい
DJふぉい
起きて着替えないと
あなた
あなた
うんっ
あなた
あなた
DJふぉい
DJふぉい
あなた
あなた
お誕生日おめでとうっ!今日はいっぱい楽しもうね
DJふぉい
DJふぉい
…!ありがとう!
ギュウッ
あなた
あなた
ちょっとだけだよ…
.
.
.
.
.
.
.
.
DJふぉい
DJふぉい
俺シャワー浴びて着替えたりするから、準備できたらリビングにいてね
あなた
あなた
うんっ
自分の部屋にて
あなた
あなた
まずはメイクしよっ
あなた
あなた
いつもより可愛らしく…
あなた
あなた
服は女の子らしい…この前買ったやつ
棚を開けると、下着が見えた
あなた
あなた
あっ…
手に取る
絃歩くんのためとは言え、やはり恥ずかしい
でも…
あなた
あなた
これ着たら絃歩くん欲情してくれるかな…
「これ以上はっ…誕生日の日に取っておきたい…」
あなた
あなた
っ…///
あなた
あなた
着よう…
下着を付けた姿を鏡で見ると自分じゃない自分みたいで目を背けた
あなた
あなた
服着よう…
ガチャッ
DJふぉい
DJふぉい
お?できた…って///
あなた
あなた
あっ///
ふぉい(いつもより何十倍も可愛い…、今日理性保てるかな…)
私(絃歩くんかっこいい…今日夜大丈夫かな…)
DJふぉい
DJふぉい
じゃ、じゃあ行こっか
あなた
あなた
うんっ
DJふぉい
DJふぉい
どこいくの?
あなた
あなた
まずはカフェでお茶しよ
DJふぉい
DJふぉい
そうか…!
DJふぉい
DJふぉい
歩いて行かない…?
あなた
あなた
うんっ
ギュッ
DJふぉい
DJふぉい
手繋ご?
あなた
あなた
///
カランカランッ
店員
店員
いらっしゃいませ〜
店員
店員
こちらへどうぞ
案内してくれたのは光が差し込む貸切のテラスだった
DJふぉい
DJふぉい
…!
DJふぉい
DJふぉい
これって…
あなた
あなた
今日は特別な日だから二人っきりで、、
DJふぉい
DJふぉい
ありがと!
すると注文もしていないのに、美味しそうなケーキが運ばれてきた
DJふぉい
DJふぉい
えっ…僕注文してないですよ?
店員
店員
今日誕生日だとお伺いし、彼女さまとご相談の上、今日のプランを計画いたしました
あなた
あなた
へへっ///
店員
店員
ごゆっくりお楽しみくださいませ
DJふぉい
DJふぉい
ここまで…
あなた
あなた
いつもの感謝、いつもありがとう
あなた
あなた
今日くらいは私にさせて?
DJふぉい
DJふぉい
…!ありがとう…グスッ
あなた
あなた
え!泣かないで…💦
DJふぉい
DJふぉい
うんっ、嬉しくて、ほんとうにありがとう
あなた
あなた
いいよっ、さ、食べよ?
モグモグモグモグ
DJふぉい
DJふぉい
うまぁ…
あなた
あなた
よかった、喜んでくれて
DJふぉい
DJふぉい
最高に楽しいよ
.
.
.
.
.
.
.
.
DJふぉい
DJふぉい
御馳走さまっ
あなた
あなた
御馳走さまでした
DJふぉい
DJふぉい
食べ終わったし、お会計しなきゃ
あなた
あなた
あっ、それは
DJふぉい
DJふぉい
あなた
あなた
もうしてるの…事前に…
DJふぉい
DJふぉい
何から何まで完璧なんだね…
あなた
あなた
んーん、喜んでもらいたい一心だよ
DJふぉい
DJふぉい
っ…
いつもの甘い彼女ではなく、なにかを決心したかのような顔つきの彼女だった
あなた
あなた
さ!次のとこ行くよー
また手を繋いで向かった
DJふぉい
DJふぉい
次はどこいくの?
あなた
あなた
ウィンドウショッピング!
DJふぉい
DJふぉい
お、いいね
DJふぉい
DJふぉい
ゆったり楽しもう
タクシーで表参道に行った
あなた
あなた
わぁ、、キラキラしてる…
DJふぉい
DJふぉい
ゆっくり坂下っていこ?
あなた
あなた
うんっ
トコトコトコトコ
DJふぉい
DJふぉい
こんなゆっくり歩くの初めて
DJふぉい
DJふぉい
いつもせかせかしてるから笑
あなた
あなた
そうなの…?
あなた
あなた
ゆっくり見ていいよっ!
DJふぉい
DJふぉい
あ、ここ行っていい?
そう指差したのはハイブランドの店だった
あなた
あなた
いいよ〜
カランカランッ
店員
店員
いらっしゃいませ
DJふぉい
DJふぉい
んー。なんかいいのないかな?
あなた
あなた
なんか探してるの…?
DJふぉい
DJふぉい
ん…アクセサリー欲しくて
DJふぉい
DJふぉい
あっこれ…
指差したのは小ぶりのネックレス
ハイブランドなだけあっていい値段がする
DJふぉい
DJふぉい
んー、また今度にしよっ
あなた
あなた
(これ欲しいんだ…あとで買いにこよ。取り置きしてもらおう…)
DJふぉい
DJふぉい
次の店いこ〜
あなた
あなた
そうだねっ
トコトコトコトコ
次の店でも絃歩くんは集中して見ていた
よしっ今がチャンス
あなた
あなた
あっ、
DJふぉい
DJふぉい
なに?
あなた
あなた
さっきの店にスマホ忘れてきちゃったかも…
DJふぉい
DJふぉい
えっ?じゃあ取りに行こ?
あなた
あなた
だっ、大丈夫!一人で行ってくるから絃歩くんはここにいて
DJふぉい
DJふぉい
ん、わかった…
ダッダッダッダッ
カランカランッ
店員
店員
いらっしゃいませー…って
店員
店員
さっきのお客様ですね
店員
店員
置いてありますよ
あなた
あなた
あ、ありがとうございます!
店員
店員
○○万円になります
あなた
あなた
はいっ…
あなた
あなた
プレゼント用でリボンをつけてください、ちょっと長めで…
店員
店員
わかりました…!
.
.
.
店員
店員
お待たせいたしました、こちらでございます
あなた
あなた
ありがとうございます
プレゼントを鞄にしまって店を後にした
カランカランッ
DJふぉい
DJふぉい
あっ、帰ってきた
DJふぉい
DJふぉい
大丈夫?あった?
あなた
あなた
うっ、うんっ!
DJふぉい
DJふぉい
DJふぉい
DJふぉい
そろそろ日が暮れるし…帰ろっか
あなた
あなた
そうだねっ、あとはおうちで!
あなた
あなた
あ、その前に…
DJふぉい
DJふぉい
あなた
あなた
事務所に取りに行きたいものがあるから行ってもいい?
DJふぉい
DJふぉい
そうなの…?まぁついでだしいいよ
あなた
あなた
うんっ…!
タクシーを拾って事務所に行くように伝えた
あなた
あなた
あっ、LINEしなきゃ…
まるside
ピコンッ
DJまる
DJまる
あっ、LINE
兄貴の彼女 『今から向かうねっ!』
DJまる
DJまる
おけおけ、あとちょっとでできるよ
2人はタクシーに乗ってしばらくの間揺られていた