無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第95話

彼女からの告白⑥
ガチャ
DJふぉい
DJふぉい
…まだ…?
あなた
あなた
彼女はまだ目を覚ましていなかった
DJふぉい
DJふぉい
ごめんね…辛かったよね…
俺は傍に座り髪を撫でた








あなた
あなた
んぅ…
DJふぉい
DJふぉい
…!
DJふぉい
DJふぉい
きっ、聞こえる!?
DJふぉい
DJふぉい
俺!絃歩!
あなた
あなた
いと…ほ…?
DJふぉい
DJふぉい
そうだよ!絃歩だよっ…!
あなた
あなた
…な…んで…
DJふぉい
DJふぉい
倒れたんだよ、リビングで
あなた
あなた
そう…なの…
DJふぉい
DJふぉい
顔色まだ悪いっちゃん…まだ寝てて?
あなた
あなた
ん…、すぅすぅ
DJふぉい
DJふぉい
はぁ…なんでこんな目に合わせるんだよ
DJふぉい
DJふぉい
神様って残酷だよな…ハハッ
俺は彼女を見守りながらうたた寝していた














ガチャ
DJまる
DJまる
ふぉいー
DJふぉい
DJふぉい
んぁ…?
DJまる
DJまる
寝とったっちゃん、ほらこれ
手元を見ると美味しそうな雑炊があった
DJふぉい
DJふぉい
あぁ…、ありがとうな
DJふぉい
DJふぉい
まだ起きてないっちゃけん、起きたら食べてもらうよ
DJまる
DJまる
目…覚まさないの?
DJふぉい
DJふぉい
いや、目覚めてはくれたっちゃん
DJまる
DJまる
…!よかったぁ…
DJふぉい
DJふぉい
でも顔色が悪いけん寝させた
DJまる
DJまる
そーか、ふぉいのも持って来たけど…
DJふぉい
DJふぉい
あ、俺は今のうちにちゃちゃっと食べとくわ
DJふぉい
DJふぉい
ありがとうな
DJまる
DJまる
ん、お前が不安になるなよ。彼女ちゃんに伝わるっちゃん
DJふぉい
DJふぉい
そうだよな、俺、支えられるよう頑張るわ
DJまる
DJまる
おぅ、俺も手伝うけん
DJふぉい
DJふぉい
すまんな、ありがとう
DJまる
DJまる
おぅ、じゃあ俺リビングおるな
ガチャ
りゅーは部屋を出ていった
DJふぉい
DJふぉい
俺が支えていかなきゃ
俺は覚悟をし、彼女を介護するためにもカレーを手早く食べた














DJふぉい
DJふぉい
ごちそうさまっ…
いつも一緒に食べるご飯、今日はひとりぼっち
寂しいと感じた
DJふぉい
DJふぉい
俺、ひとりじゃなんも出来ないね…
DJふぉい
DJふぉい
俺がしっかりしなきゃいけないのに
DJふぉい
DJふぉい
ごめんね…
あなた
あなた
んぅ…
あなた
あなた
いと…?
DJふぉい
DJふぉい
…ん?目が覚めた?
あなた
あなた
うんっ…、起きたよ…
DJふぉい
DJふぉい
体調はどう?
あなた
あなた
まだふわふわするけど…大丈夫だよ…
DJふぉい
DJふぉい
そっか…、今日は事務所に泊まるよ?
あなた
あなた
そうなの…?
DJふぉい
DJふぉい
今日の状態で帰るのは心配だから…
DJふぉい
DJふぉい
何かあった時、社長とまるもいるからね
あなた
あなた
うんっ…
DJふぉい
DJふぉい
まるが雑炊作ってくれたんだけど、食べる…?
あなた
あなた
ん…ちょっとだけ…
DJふぉい
DJふぉい
よし、じゃあ起きよか
俺は彼女を支えベッドに座らせた
DJふぉい
DJふぉい
ふーふーっ…、はいっ
あなた
あなた
あむっ…ŧ‹”ŧ‹”
DJふぉい
DJふぉい
どう…?食べれそう?
あなた
あなた
うんっ…美味しいよ…
DJふぉい
DJふぉい
そっか、じゃあもう少し食べよっか
あなた
あなた
ん…
彼女の様子を見ながらご飯を食べてもらった
まだ食欲がないみたいだけど少しだけ食べてくれた
あなた
あなた
ん…もういいや…
DJふぉい
DJふぉい
食べれない?じゃあ辞めておこっか
あなた
あなた
ごちそうさま…
DJふぉい
DJふぉい
はーい、これは片付けてもらうね
俺は廊下に食器を置き、彼女の元へ戻った
DJふぉい
DJふぉい
俺、メール見たっちゃん
あなた
あなた
…!ビクッ
DJふぉい
DJふぉい
ごめんごめん…怖がらせる気は無いから…
DJふぉい
DJふぉい
あれは悪質すぎるっちゃん
あなた
あなた
私…離れないとっ…
あなた
あなた
絃歩くんの命が…っ
俺は彼女をギュウッと抱きしめた
DJふぉい
DJふぉい
なんでそんなこと言うのっ…
DJふぉい
DJふぉい
それはお互い一緒っちゃん…
DJふぉい
DJふぉい
かかってるのは俺の命だけじゃない
DJふぉい
DJふぉい
彼女を守るのが俺の役目やけん
DJふぉい
DJふぉい
離れないで…俺が守るから…
あなた
あなた
…っ、絃歩くん、怖いよ…死にたくないよ…
DJふぉい
DJふぉい
大丈夫…俺がずっとおる、約束したやろ?永遠の愛があるっちゃけん
DJふぉい
DJふぉい
最期まで一緒やけん…俺がおる…
あなた
あなた
うんっ…いてね…
俺たちは抱きしめあってしばらく時間を過ごした












DJふぉい
DJふぉい
ほら…もう今日は寝よ?
あなた
あなた
ん…絃歩くん居て…?
DJふぉい
DJふぉい
ん、大丈夫、ずっといるから
あなた
あなた
んぅ…ふわぁ…
DJふぉい
DJふぉい
ほら、今日はもう体を休めよう
あなた
あなた
ん…チューして…?
DJふぉい
DJふぉい
…っ
あなた
あなた
してくれないの…?///
彼女は俺を引き寄せ首に手を回した
あなた
あなた
してっ…?
DJふぉい
DJふぉい
…っ、ちょっとだけだよ…
DJふぉい
DJふぉい
チュッ…チュウッ
あなた
あなた
んんっ…っふ…
DJふぉい
DJふぉい
んっ…チュウッ
あなた
あなた
チュウッ…
これ以上は体の負担になると思って唇を離した
DJふぉい
DJふぉい
ん…、もう辞めておこ…っ
あなた
あなた
んんっ…
DJふぉい
DJふぉい
ほら寝よ…?
あなた
あなた
うんっ…
DJふぉい
DJふぉい
また元気になったら続きしよ…
あなた
あなた
…!///、うんっ…
DJふぉい
DJふぉい
ん、じゃあおやすみ…
あなた
あなた
おやすみ…
俺は彼女が寝たのを確認して食器を片付けようとした
DJまる
DJまる
あっ、ふぉい…
DJふぉい
DJふぉい
あぁ、ご飯ありがとな…
DJまる
DJまる
んーん、俺が片付けるから彼女ちゃんのそばにいてあげて
DJふぉい
DJふぉい
いや、これくらい俺が…
DJまる
DJまる
片付けは誰でもできるっちゃん、でも彼女ちゃんを安心させるのはふぉいしか出来んっちゃん
DJまる
DJまる
だから、部屋に戻って
DJふぉい
DJふぉい
…っ、ありがとう…
俺はりゅーに言われ部屋に戻った
寝ている彼女
俺は起こさないようにそっと布団に入り寝た
また襲う不安な気持ちを隠して彼女を支えた
この後人生のどん底まで落ちることに俺はまだ気づかない