無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

お仕事ついて行きたい②
ガチャッ
DJふぉい
DJふぉい
俺先に入ってるから、後で入っておいで
あなた
あなた
うんっ
そう言い絃歩くんは服を脱ぎ入っていった
あなた
あなた
なんか恥ずかしいなぁ
とか思いながらも服を脱いで入った
DJふぉい
DJふぉい
あっ、先に洗おうか
あなた
あなた
うんっ…
DJふぉい
DJふぉい
ここに座って?
ストンッ
DJふぉい
DJふぉい
よし、まずは体から
DJふぉい
DJふぉい
手だけ濡れないようにするからね
あなた
あなた
うんっ、お願い…
DJふぉい
DJふぉい
はーい
ゴシゴシゴシゴシ
絃歩くんは丁寧に洗ってくれる
DJふぉい
DJふぉい
相変わらず綺麗な肌だね…
あなた
あなた
そうかな…?
所々に赤い印が見える
まだ消えるわけない
胸はどうしようって悩んだが、変に意識してしまって、結局自分でしてもらうことにした
あなた
あなた
できたっ…
DJふぉい
DJふぉい
ん、じゃあ流そう
ザーッ
DJふぉい
DJふぉい
はいっ、できたよ
あなた
あなた
ありがと
DJふぉい
DJふぉい
頭も洗ってしまおっか
ザーッ
シャカシャカシャカシャカ
DJふぉい
DJふぉい
痒いところとかないー?
あなた
あなた
後ろらへんがちょっと…
DJふぉい
DJふぉい
ん…
シャカシャカシャカシャカ
あなた
あなた
絃歩くん上手だね
DJふぉい
DJふぉい
まぁ、元美容専門生ですから笑
DJふぉい
DJふぉい
大丈夫かな…、流すよー
あなた
あなた
うんっ
ザバッ
ザーッ
DJふぉい
DJふぉい
はいっ、できたよ
DJふぉい
DJふぉい
先に湯船に浸かってて?
あなた
あなた
うんっ、ありがとう
私は手が濡れないように湯船に浸かった
絃歩くんは体、頭と洗っていた
DJふぉい
DJふぉい
できたよー、俺も入ろっと
あなた
あなた
どうぞっ
ザバッ
DJふぉい
DJふぉい
んー、あったけぇ
あなた
あなた
だね…
DJふぉい
DJふぉい
こっちおいで?
ギュウッ
俺は引っ張って抱きしめた
あなた
あなた
は、恥ずかしいよ…///
DJふぉい
DJふぉい
んー、関係ないない笑
DJふぉい
DJふぉい
お姫様みたいだね
あなた
あなた
なんで?
DJふぉい
DJふぉい
俺に守られて、俺は執事か騎士かな
あなた
あなた
…違うかな
DJふぉい
DJふぉい
え?
あなた
あなた
絃歩くんは王子さまかな///
DJふぉい
DJふぉい
…っ、嬉しいなぁ、ありがとっ
あなた
あなた
うんっ…///
しばらく湯船に浸かって温まった
DJふぉい
DJふぉい
そろそろ上がろっか
あなた
あなた
そうだね
ガチャッ
俺らは風呂を後にした