無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第179話

おうち生活スタート③
俺は洗面台に行き、お湯とタオルを用意した
DJふぉい
DJふぉい
あとはボディークリーム…っと
DJふぉい
DJふぉい
こんなもんかな
DJふぉい
DJふぉい
あとはバスタオルとかもいるかな
俺は荷物を持つとリビングに向かった
ガチャッ
DJふぉい
DJふぉい
おまたせ
DJふぉい
DJふぉい
持ってきたよ
あなた
あなた
ありがとう
DJふぉい
DJふぉい
じゃー、早速始めるけど
DJふぉい
DJふぉい
どの体勢がいい?
DJふぉい
DJふぉい
とりあえず全身マッサージするから寝転ぶ?
あなた
あなた
うん、そうする
DJふぉい
DJふぉい
じゃあソファー倒すから待ってて
俺はソファーを倒すとバスタオルをひいて準備をした
DJふぉい
DJふぉい
一応さ、クリーム塗ったりするから上の服脱いで欲しいんだけど
DJふぉい
DJふぉい
胸は痛いだろうからブラ付けたままでいいからね
あなた
あなた
うん、ありがとう
そう言うと私は上の服を脱いで下着姿になった
DJふぉい
DJふぉい
ん、相変わらず綺麗な体…
あなた
あなた
そんなことないよ…
DJふぉい
DJふぉい
じゃあそこにうつ伏せになってくれる?
あなた
あなた
うんっ
私はそう言われソファーにうつ伏せになった
DJふぉい
DJふぉい
じゃあまずは背中からマッサージするね
俺は手にクリームを広げると背中に手を置いた
あなた
あなた
んっ…
DJふぉい
DJふぉい
肩も凝ってるよね
DJふぉい
DJふぉい
しっかりマッサージしとくね
俺は抜かりなく隅々までマッサージした
あなた
あなた
ん…気持ちぃ…
あなた
あなた
そこら辺いい…
DJふぉい
DJふぉい
ここ?
あなた
あなた
んっ…
彼女が気持ちよさそうにするところは念入りにマッサージした
DJふぉい
DJふぉい
ん、背中は終わったよ
あなた
あなた
ありがとう…
DJふぉい
DJふぉい
次は仰向けになってくれるかな
あなた
あなた
うん…///
DJふぉい
DJふぉい
恥ずかしいの?
DJふぉい
DJふぉい
タオルかけておこっか?
あなた
あなた
んーん、やりづらいと思うからいい
DJふぉい
DJふぉい
ありがとう、もし恥ずかしかったりしたら言ってね
DJふぉい
DJふぉい
大丈夫だから
何度もエッチしてるし胸なんて揉みまくってるけどこれとそれとは訳が違う
俺はできる限り彼女の要望に応えた
DJふぉい
DJふぉい
寝転んだままで大丈夫?
DJふぉい
DJふぉい
苦しくない?
あなた
あなた
うん…絃歩こそ揉みづらくない?
DJふぉい
DJふぉい
俺は大丈夫
DJふぉい
DJふぉい
上に乗るけど重かったりしたら言ってね
あなた
あなた
うん…
DJふぉい
DJふぉい
ブラ外すよ…
プチンッ
そこにはいつもより大きくなった彼女の胸があった
DJふぉい
DJふぉい
前より大きくなった?
あなた
あなた
張ってるから…
DJふぉい
DJふぉい
あぁ、、
DJふぉい
DJふぉい
先に温めよっか
俺は温めたタオルを胸に当て、周りを包むようにした
DJふぉい
DJふぉい
どぉ?
あなた
あなた
温かい…
DJふぉい
DJふぉい
このままどうしたらいいかな?
あなた
あなた
周りから押し上げるようにしてくれる?
DJふぉい
DJふぉい
うん、わかった
俺はタオルを少し持ち上げると全体を包み込むように被せた
あなた
あなた
あったかぁ…
DJふぉい
DJふぉい
このまま少し待ってよ
俺は彼女の様子を見ながらマッサージを続けた