無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

みんなで旅行に行こう④
お風呂を上がってバスローブを着た
DJふぉい
DJふぉい
髪乾かしてあげるっちゃん
あなた
あなた
いいの?
DJふぉい
DJふぉい
いいよー、こちらへどうぞお姫様?
そう言うと絃歩くんは手を取って椅子に座らせてくれた
あなた
あなた
ほんとにお姫様みたい…
DJふぉい
DJふぉい
んー、俺のお姫様ですよ?
そんな会話をしながら絃歩くんは丁寧に乾かしてくれた
DJふぉい
DJふぉい
髪もサラサラやねぇ、俺とは大違い
DJふぉい
DJふぉい
トリートメント要らんっちゃん
あなた
あなた
そんな事ないよ〜
DJふぉい
DJふぉい
ほんっとに俺の彼女は完璧っちゃん…
DJふぉい
DJふぉい
俺には勿体ない…
あなた
あなた
なにー?
DJふぉい
DJふぉい
んー?なんでもないっちゃん
あなた
あなた
気になるのに〜
DJふぉい
DJふぉい
気にすることじゃなか笑
DJふぉい
DJふぉい
ほら、もう乾いたよ
DJふぉい
DJふぉい
一応、トリートメント塗って…
あなた
あなた
サラサラ〜!絃歩くんの乾かし方はすごいなぁ〜
DJふぉい
DJふぉい
元々の髪質っちゃん!
DJふぉい
DJふぉい
俺、髪乾かすから、暖かい飲み物飲んで待ってて?
あなた
あなた
わかったー、絃歩くんは何がいい?
DJふぉい
DJふぉい
俺ココアかな、どーせココア飲むでしょ?笑
あなた
あなた
そうだね笑。じゃあ作っとくね!
私はココアを作るためにポットまで行った
DJふぉい
DJふぉい
ふふふーん、ふーふーん🎶
あなた
あなた
鼻歌歌ってる…笑
ピッ
私は動画を回しておいた
あなた
あなた
可愛い…♡
そしてバレないようにスッとスマホを仕舞った
あなた
あなた
とりあえず、ココア2個っと…
DJふぉい
DJふぉい
髪乾かし終わったよ〜
あなた
あなた
あっ、ココアできてるよ〜
DJふぉい
DJふぉい
ありがとう、座って?
俺はコップを2つ持って、そこにあったソファーに座らせた
ポスッ
DJふぉい
DJふぉい
はい、どーぞ
あなた
あなた
あ、ありがとね
DJふぉい
DJふぉい
こちらこそ、淹れてくれてありがと。ちょうどいい熱さだね
あなた
あなた
そうだね
2人でココアを飲む
ライブで忙しかったからこんなにゆっくりするのは久しぶりだ
あなた
あなた
ライブ…楽しかったね
DJふぉい
DJふぉい
そうだな、彼女が付いてきてくれるってのがまた頑張る気にもなれたし
DJふぉい
DJふぉい
これからもずーっとよろしくね
あなた
あなた
こちらこそ、これからも付いていくね
そんな事をのんびりと話しているとコップの中身は終わっていた
DJふぉい
DJふぉい
おっ、終わった、片付けよっか
あなた
あなた
うんっ
2人で片付けた
もう時刻は午前1時
明日に備えて早く寝なきゃ
DJふぉい
DJふぉい
ふわぁ…明日早いし、寝よっか
あなた
あなた
うんっ…
モゾモゾ
DJふぉい
DJふぉい
はい、おいで?
絃歩くんは布団を上げて呼び寄せた
ギュウッ
DJふぉい
DJふぉい
早く寝て…?疲れたら大変だから…
そう言って頭を優しく撫でてくれた
あなた
あなた
うん…ありがとう
あなた
あなた
おやすみ…
DJふぉい
DJふぉい
おやすみ…
俺も彼女が寝るのを見たあと寝た