無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3
350
2018/02/04 11:54
おれ…ジミンって言います
あなた

あ…はいッ…

ジミン?聞いたことある…ような…
ジミン
あなたさん…ですよね…?
あなた

そうですけど…なんで…知って…

ジミン
グクからよく,あなたの話を聞いていました.
あなた

そッそうですか…

グクのやつ…何を言っているんだ…
ジミン
グクから俺の話も聞いてるはずなんですが…
あなた

あ、はい.聞いたことあります

あなた

うざいけど頼れるやつだって…

ジミン
うわ…ひどいな…
あなた

ふふふッ

ジミン
あっ,やっと笑った.
あなた

…え?

ジミン
ずっと堅苦しい表情だったから…
そうだ…グクが倒れてから

まともに寝れてない…てゆーか寝れなかった.

私が寝たら,グクがいなくなっちゃう気がして.
あなた

そうですかッ

ジミン
タメでいきましょう.

同じでしょ?歳
あなた

あ、はi…うん!

ジミン
グク…起きてほしいねッ…
あなた

ほんとにね…私が遅刻なんかしなかったら.

ジミン
あなたが悲しんでたら
グクは戻ってこれなくなっちゃう.
ジミン
元気でいよう.ね?
あなた

うん…

こんなに優しかったんだ…

グクと同じ優しさを持っている気がする…

グクにはかなわないけどッ!!
あなた

包帯…早く外れないかな…

グクッ…顔がぁッ…見たいよッ…

ジミン
そうだね…綺麗な顔が…見れないね…
起きることを…私は信じてるよ.

これから…私もグクと一緒に頑張るから.

絶対起きてよね.グク