無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

作間と佐藤の、ら じ お ー ! !
作間side













「さあ!はじまりましたーHiHi Jetsのさくまと」



佐藤『さとうのー』



2人「らじおー!!」



佐藤『もーこれやだwwwあっはwwww』



「ちょ、笑いすぎwww

またすぐ終わっちゃうからww」



佐藤『はいwww』



「ということでですね……」



佐藤『いや、どういうことで?www』



「えっへwww

えっとですね、今日はやっと!ラジオのタイトルが決まります!」



佐藤『わあい!』



「応募数はなんとですね、


93万件?!」



佐藤『えっえっすごっ!作ちゃんの誕生日やん』



「え、ありがとうww

えー、その中からスタッフさんが考えに考えて、3つに絞ったそうです」



佐藤『スタッフさんすげぇ』



「それで、その3つの中からボクたちで決める。というわけですね」



佐藤『なるほど!じゃあ早速選択肢を発表しちゃってくだせい!』



「はい!いきまーす!



(イケボ) エントリーナンバー……」



佐藤『ちょ、ちょっと待って、


そんな発表の仕方なの?wwww』



「え、ダメだった?wwwww」



佐藤『あ、いや、いいよ?www』



















「(イケボ) エントリーナンバー①

“ 佐藤と作間のさくさくらじお! ”」





佐藤『さくさくって作間だけじゃん←』



「まあまあ。


(イケボ) エントリーナンバー②

“ さとさくおばかラジオ~! ”」




佐藤『おばかってなんやねん←』



「(イケボ) エントリーナンバー③

“ 佐藤は作間のお世話係 ”」



佐藤『え、これええやん!』



「3個目がお気に入り?」



佐藤『うんうんうんうん』



「じゃあそうする?」



佐藤『うんうんうんうん!!!!』



「じゃあ決定でーす!wwww」



佐藤『やったあ!!!』



「ということでタイトルコールからやってみたいと思います!」














「みなさんどうもこんにちは!

せーの!」



2人「佐藤は作間のお世話係~!!!いぇーい!」



佐藤『さあ!はじまりました!佐藤は作間のお世話係、略してさくおせ!

みなさんこれからどうぞ、』



2人「よろしくお願いします~!!」













佐藤『えっえっよくない?!』



「うん、いいと思う」



佐藤『わあい!!!』



「ということで!これから頑張っていきたいと思いますので、皆さん応援よろしくーお願いしまーす!

それでは!!また!」



2人「らーいしゅー!」