無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

お 前 を 愛 し て る 。
那須side








今日はHiHiと美少年の合同練習



久しぶりにあなたに会える……













最近Twitterで瑞稀くんとのこと

いっぱい書いてあると

ほんと落ち込む。



いや、分かってるんだけどね?!うん、












あなた『じゃー今日は美少年からね』




「ねえ、龍我は?」



浮所「たしかに、今日居ないね」



あなた『あー、今日熱出してんの。

昨日からずっと練習してて。

ばかだよねぇ……』




岩崎「そーだったんだ」













「龍我の場所どうする?」




あなた『あたしが入るよ。』



「え?!できるの??」



あなた『まあねっ』



金指「すげぇ!」



あなた『いやあ一世くん♡』



岩崎「おれは?!」



あなた「ん??」



岩崎「…………」



あなた『ふはww 大昇もすきよっ』



岩崎「ありがと♡♡」







「おい、練習。」






藤井「きょうはじゃあ、、、

僕らはMysteriousから!!」






みんな「はーいっ」






あなた『HiHiのみんなみてろよ?!

あたいの10年みせてやるぜっっ』





瑞稀「はよやれや」


涼「さすがあなたwww」


優斗「あなた~!みてるよ~♡」






あなた『ゆうぴーは見てなくていいよ♡』



優斗「え??」














♪僕らはMysterious














あなた『どんななぞときーだーって』



「こたえはひとつーだけー」



藤金「ほんとのきみをどこかーにかくしーてーもむだーだよー」






あなた『お前を愛してる』




「僕らはMysterious girl ・・・」















~終了後~



蒼弥「まって、あなた完璧じゃん」



龍斗「あなたのお前を愛してるやばかったねw

瑞稀くんが死んじゃう」



瑞稀「…………しなないよ?!」





「いや、俺が死にそうだった」



あなた『なんでやwwww

もっかいやったろか?』



「大丈夫です。」




















この後も美少年がやる時は


あなたにやってもらいました~








今度は歌詞じゃなくて


本音で言ってもらいましょうね










てか、俺が言おうかなっ!!