無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第189話

かいものかいもの





北斗side


















佐藤さん
今から迎えに行くから!!
ホクト
急だね、着替えてないんだけど
佐藤さん
え、はやく
ホクト
じゃあ30分後に来て
佐藤さん
おっそ!
佐藤さん
まあいいや
ホクト
なに、ごめん
ホクト
髪の毛とかなんもしてない
佐藤さん
はいはい30分まってますよーだ







なにこいつ、

天使か← (( 実は過保護



















準備しますかーー
































ピンポーーン






「どーぞ」



佐藤『しっつれーしまー』



「いこっか」



佐藤『今入ったばっかだけど。』



「今日は買い物ですが。」



佐藤『ちぇーっ』



「なに」



佐藤『な!ん!で!も!』



「はぁ、」



佐藤『はよ車乗ってー』



「車できてんの?!」



佐藤『そだけど。』



「なんか、ごめん」



佐藤『なんでよw はよ乗って』



「うん、」























てか、おめでとうくらい言ってもいいんじゃないか?



ただ買い物楽しもうとしてるなあいつ
































































佐藤『あー!たのしかった!!』



「お前めちゃくちゃ買ってんじゃん」



佐藤『さあてと、いきますか。』



「、、、、」



佐藤『早く乗って!!!』



「はい、」
























「ここって…………」



佐藤『ストTubeできてたメガネ屋さんー』



「なつかし!!」



佐藤『きょうは好きなの買ったる』



「ほんとにいってる?」



佐藤『もち、はいろ』



「ありがと」




























「これ、かな。」



佐藤『ほんとにそれでいいね?買うよ?』



「うん」
















店員さん「ありがとうございましたー」










佐藤『じゃあー、はい。お誕生日おめでとう』



「ありがとう、」



佐藤『実は私もメガネ買ったの〜』



「あ、そうだったんだ」



佐藤『似合う?』



「うんさすが。」



佐藤『へっへ、』





佐藤『ご飯食べて帰ろか。』



「そだね。」



佐藤『もちろんほっきゅんの奢りで!!』



「は?!」






プルルルルッ

プルルルルッ




佐藤『もしもし?うん、うん、わかった』









佐藤『那須がご飯作ってるから一緒に食べようって』



「あなたんちってこと?」



佐藤『そー』



「じゃあ遠慮なく」



佐藤『れっつごー』




























ガチャッッ





佐藤『ただいまー』



「おじゃましまーす」



佐藤『でんきーでんきー』




佐藤『北斗電気つけてぇー』



「はーい」






パチッッ





















パアアアアンッッ




SixTONES - 北斗「北斗お誕生日おめでとう!!!」



「えっ?!」



佐藤『サプライズだいせーこー!』



那須「いえええい」



「なになになに」



樹「俺らが準備してたんですよ実は」



佐藤『わたしもグルでした〜』



「びっくりしたー

ありがとう」



佐藤『はい、京本から一言』



京本「え?!」



「いいからそーゆーの」



京本「北斗24歳おめでとう」



「ありがとう」



佐藤『いぇぇぇぇい!!!』



慎太郎「さあさあたべよう」



ジェシー「いっただっきまーーす」


































やっぱあなたとメンバーにはかなわないな。


24歳もがんばりますかっ、