無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第105話

横 浜 ア リ ー ナ !





前回の続き




佐藤side













~ SixTONES 楽屋 ~




ガチャッッ


『お疲れシャンプー!!!』



北斗「うわあっびっくりしたー」


樹「なにお疲れシャンプーってww」



『え、じゅったん知らないの....?』


樹「知ってる人いるの?」




SixTONES - 樹 「知ってるー」


樹「えっ?!」


『樹、時代遅れだな。うん。』





『あ、そーだ。
うちらってここの設備とか使えんの?』



髙地「使えるー」


樹「お腹すいたらケータリング行ってもいいよ

てかあなた一緒に行こ?」



『えっ、、←

私北斗といくぅー』



樹「えっ」← ←


慎太郎「じゃあ樹いっしょにいこう?」
(手繋ぐ)


樹「いかないわ!笑」 (振りほどく)



『あっはw

えまって、京本。 何撮ってんの?』



京本「ISLAND TVです」



『ふえ?!まじで!

あいらんどてぃーびー!↑↑↑』



年下組「あいら... wwww」


『はもんなwww』



北斗「いまから質問コーナーしまーす。

コメント欄に書いてくださーい」


樹「コメント欄ないからw」



『あっ!うちらグッズ貰いに来たんじゃん。
なんでこんなとこ来たのよ。』



HiHi - 佐藤 「お前だよ!ww」


『へ?! まあいいや!いこ!

ストばいばーい!がんばってねー!』





樹「あいつなんでタメ口なんだよww」


ジェシー「LIVEでマンキーって叫んでねーー!!」