無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第73話

永 瀬 廉 。
佐藤side













おうちとーちゃーく!!!






さあて、

『永瀬ーついたぞー』











え、、、、、、、














なんでお前寝とんねん!!!!


あーあーもうしょうがないなあ





『おんぶしてやるから今度スタバ奢れよ』
















ガチャッッ)))



『ただい……え。』



















那須「おかえ……え。」



『なんでいるの?!』



那須「さっきLINEしたじゃん?打ち合わせあるって言われたからご飯作っとこうと思って」



『ああ、ありがと』



那須「で、そっちは?」



『なんか、車だけど一緒に行くって言われたから乗せたら寝た。から連れてきた。』



那須「ああ、なるほどね」



『私の部屋運んどいてくれない?

お風呂入ってくる』



那須「ん、わかった」






















はあ、、、、もう疲れたわい。


さあて。私は那須用の部屋ででも寝ようかな







あ!まって?!

私の部屋、、、、HiHi部屋……


しかもちゃっかりキンプリコーナーあるんですけど?!

やばいやばい、、、、



あーもういいやー!!めんどい!!



私が大の国民的彼氏担ってことを顔面国宝さんに見せつけときますかー←












(那須くんと同棲はしていませんが、頻繁に家に来るため、那須くん用の部屋があったり、那須くんの服が置いてあったりしています)






































~次の日~




永瀬「ん、、、え、ここどこ??」



ガチャッッ)))





『あ、起きた。おはよ。』



永瀬「ええ!なんでおるん?!」



『あんたまじふざけんなよ?!』



永瀬「あ、俺寝てたのか。ごめん」



『別にいいけど……早くお風呂はいってきな』



永瀬「ねぇ、こっち来て?」



『はい、、、?』



永瀬「いーからぁっ」










も、しかしてDr期ですか……?















永瀬のDr期とかむりいいい!!!!
















永瀬「ん、、、あなた、、すき。」


(抱きついてベットに横たわる)





『ぎ、ぎゃああああああああ』



永瀬「しぃーっ。まだ朝やで?」



『………………』









那須「どうしたー?ってえええ?!」




『な、、す助、、けて、、、』



那須「あ、あのー、永瀬く……」



永瀬「あなた~ ギュッッ))」



『いやああああ』



那須「…… ( 俺のあなた… ) 」


















この後もまあこんな状態が続き…………


























3人で仕事に遅刻しましたとさ!









瑞稀、浮所、岸 「ふざけんな!!!!」







ちゃんちゃん!!