無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第166話

あいらんどふぇすてぃばる!②





前回の続き




渡辺side








はぁ、ほんと、楽屋同じだけでこんな喜ぶか?

まあいいんだけど。

あなた昔から変わんないなー。



















あなた『失礼しまーす!』


阿部「あれ?あなたこっちにしたの?」


あなた『翔太くんに許可もらったんで!』


阿部「へー、めずらし。」


宮舘「今日は1日ロイヤルってことで。」


あなた『いや、いつもロイヤルですよぅ!』


「それは違くない?」


あなた『え?』


「 笑 」


阿部「他のみんなにも会う?」


あなた『会いたい!』


阿部「じゃあいこっか!」


あなた『いえーい!』




















佐藤side








_SnowMan(家族)楽屋_




『はろー!』


岩本「お、きたきた」


ラウール「あなたちゃん!」


『ラウール!今日はよろしく♡』


深澤「あなたってラウールにも甘いよね」


『だってラウールかわいいじゃん♡』


ラウール「あなたちゃんもかわいいです!」


『ほら!こゆとこがかわいい!!』


岩本「はぁ、」


深澤「一生やってろ!」


みんな「www」
















_SnowMan(族)楽屋_




『やっほー!』


佐久間「あなた!」


『さっくんやっほ!』


目黒「あなたちゃん久しぶり」


『目黒〜!』(抱きつく)


目黒「え、ちょ、」


『お前またでかくなったな』


目黒「え、そうっすか?」


『てかこーじは!』


佐久間「なにわじゃない?会うの久々っぽいし」


『そーか!じゃあいってくっか!
阿部ちゃんありがと!』


阿部「いいえ〜 またあとで!」


























_なにわ男子楽屋_





『しっつれーしまーす!』


流星「あなたちゃん!!!!」


『おおにしいいいいい』


流星「会いたかった!!」


『わたしもだよお』



向井「おれもー!」


『いや、会うやんwww』


藤原「あなたの関西弁久々に聞いた」


『テレビは絶対標準語だもん』


向井「俺も標準語だもん」


『エスカレーターは?』


向井「左!(即答)」


大橋「マクドは?」


向井「マック!(即答)」


『あっはwwwww』


流星「染まってるー!!」


『あたしもこっち来た時そうやったなー』





プルルルルッ

プルルルルッ




『もしもし?はい、あ、分かりました!』






『リハ呼ばれましたー』


流星「またあとでね!」