無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第165話

あいらんどふぇすてぃばる!







5月25日




七五三掛side






やっほ、しめちゃんです 笑


今日はさいたま初日!


この2日間、同期の佐藤あなたが参加するんです!


楽しみだなー






















_TravisJapan 楽屋_








宮近「しめー」


「ん?」


宮近「あなたっていつ来るの?」


「しらん。

てか、あなたはSnowManの楽屋だよ」


Travis - しめ「え?!」


「え。」


松倉「そうなの?」


「うん。昨日連絡きた」


元太「うわ!じゃあ外で待ち伏せしよ!」


松倉「俺も行くー!」


如恵留「海斗はだめー!」


松倉「なんで!」


如恵留「海斗がいったらそこで喋って戻ってこないじゃん」


松倉「ぶー。」


元太「しめ一緒にいこー」


「え、いいけど。」




















_関係者入口前_




あなた『おはー!』



元太「あなたちゃんおはよ!」


「久しぶりー」


あなた『しめまたちっちゃくなった?』


元太「あなたちゃんが伸びてるんだよ」


あなた『え?そうなの?』


「そうだよ」


あなた『ほえー。ねえ、海斗くんは?!』


元太「楽屋ー でもあなたちゃんSnowManの方でしょ?」


あなた『そうーあとでTravisいくわー』


「じゃあそこまで送る」


あなた『せんきゅー』














_SnowMan楽屋前_




あなた『2人共ありがとう』


しめげん「いーえー」


深澤「あれ、あなたじゃん」


あなた『やほ、今日はお願いしまっす』


深澤「そんな礼儀正しかったっけ」


あなた『え?うん。

楽屋は翔太くんと同じでいいですか?』

(歩き出す)



深澤「ちょちょ、あなたは俺らのとこ」


あなた『え?!ロイヤルは?ゆり組は?!』


深澤「今日はこーっち!」





(?)「まあよくない?今日くらい。」
















あなた『翔太くん!!!』


深澤「でも…」


渡辺「うるさくしなかったら!いいよ。」


あなた『しません!静かにします!』


渡辺「よろしい。じゃあ荷物貸して」


あなた『ありがとう!』







深澤「あなた、キャラ変わった?」


「今だけですかね。多分。」


深澤「もー、翔太のとこいくとそうなるー」


「すいません笑」