無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第110話

不 定 期 番 組 。
前回の続き




佐藤side













『まずは入所日!2010年10月30日えっと?』



勝利「神宮寺と岩橋と同じ」



永瀬「おおー」



勝利「まあ1番年上だけどね」



『あ、そーなん』



永瀬「え、でもあなたの方が入ったの早いんやろ?」



『まあ、あたしはスカウトでお兄はオーディションだから』



勝利「まさかジャニーズに女子がねえ。
しかも妹っていう。」



永瀬「なるほど。

さあ、そして?仲良しがー岸くん」



勝利「よく遊んでるよー2人でも他の人とも」



『わたしのきすぃ〜(泣)』



永瀬「いや、俺のやん」



『お前のではないわ』



勝利「間をとって僕のってことで」



さとれん「ちゃうわ!!!」



勝利「仲良しだね。」



『まじお兄しばく』



永瀬「えーっとそれから?
付き合うならあなた?」



『まじないって。』



勝利「だってあなたのこと妹だと思ってないもん」



『なんだてめぇ』



永瀬「仲良しですねー。」



さとさと「ちがうから。」



永瀬「ほらあ。」



『もーやだこのひとたち。』



永瀬「で、問題はQ7ですよ。彼女って...」



『ほんとバカお兄。嫌い。』



勝利「え、だめなの?逆に。」



『その逆がわかんない』



永瀬「那須くん見てます?このままじゃとられるよ」



『大丈夫。私がお兄のとこ行く可能性0だから』



勝利「なんでよ。」



永瀬「えーでもあれなんすね。
龍我のことは弟だと思ってるんですね。」



勝利「まあ。」



『まじうぜえこいつぅ〜』



勝利「お兄のことこいつとか言っちゃダメでしょ」



『お兄さま〜♡♡』



勝利「...../////」



永瀬「ガチ照れじゃないすかw」



『あとは?なんかないの?』



永瀬「えっと、あ、那須くんとの交際は認めてないって」



『あー、お兄の意見は通らないから』



勝利「.....」



永瀬「あ、じゃあもう関係ないと。」



『そっす。はい。』



永瀬「ということでですね!お時間となりました」



勝利「え、おわり?」



『短かったねー』



永瀬「本日のゲスト佐藤勝利くんからお知らせです!」



勝利「あ、はい!

僕たちSexy Zone 7枚目のアルバム、
PAGES が3月13日に発売されました!
Sexy Zoneの魅力がたっぷり詰まった
アルバムとなっていますので
ぜひお手に取ってみてください!」



『ちゃんと告知できるようになったんだねぇ』



勝利「うるさい。」



『否定はしないんだ』



勝利「うるさい。」



永瀬「えーということで本日のゲスト、
Sexy Zoneより佐藤勝利くんでした!

ありがとうございましたー!」