無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第197話

だいすきなHiHi Jets。





前回の続き




佐藤side














_少クラ 収録__




『わ、楽屋一人だ…………』
















10分後……




『…………。』





















20分後……






『…………暇。 まじすることねぇ!』



プルルルルッ






マネ「(電話)もしもー?」



『ねえマネ!暇!!』



マネ「(電話)知らねえよそんなもんだろ?」



『やっぱグループ戻ろうかな…………』



マネ「(電話)はっや。」



プーップーッ






『は?!切られたし、』



コンコンコンッ




『はーい!!!』



ガチャッッ




『え、何で。』






樹「暇してんだろーなーって。ね?」



北斗「俺は行こうとは言ってない」



樹「嘘つくなバカ」



『嘘ついてん?やっばぁー』



北斗「ついてねえよ」



『まーありがたいんだけどさー、

もう本番なんだよね。』



ほくじゅり「え。」



『はっw じゃんねぇ〜』



























































優斗「さあ、始まりました。ザ少年倶楽部。
本日は佐藤あなたからお話があります」



『はい、佐藤あなたです。
この度、ソロ活動をすることを決めました。
皆さんからもたくさんの声を頂きました。
本当にありがとうございます。

今日はソロ活動を始めて、最初の少クラです。
みなさん、楽しんでくれますか?!』



ファン「いぇーーい!」



『ありがとうございます!!』





優斗「それでは、あなたがソロになって
始めて歌う曲です。
_____。どうぞ。」












































_ステージ後。__





『あー!さいこう!楽しかった!!』



マネ「よかったなー」



『うぇいっ』













ソロで活動して、強くなる。

1人でも大丈夫なように。


そんで、必ずHiHiに戻るんだ。


その日まで、みんな待っててね。___










世界一Hiレベルな紅一点?!





……To be continued.