無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第157話

お 誘 い
前回の続き




北斗side




























18:00 東京駅








(?)「北斗〜」



「ちょ、あんま声出すなって、
バレたら面倒だろ?」



(?)「まぁ、もう面倒だと思うけど。
見てあれ。」







(( 佐藤がファンに囲まれてる ))









「うわ、すげぇ」



(?)「感心してる場合か」



「あれがこっちくんのか?」


(?)「電話して場所変えてもらえば
車乗って、ちょっと離れよ」



「ん、ありがと。そーする」





プルルルルッ

プルルルルッ





佐藤『(電話)もしもし?』



「お前囲まれすぎだろ、」



佐藤『(電話)今日変装忘れたー笑』



「笑ってる場合かよ、
場所変えるから、 どこがいい?」



佐藤『(電話)んー、1回帰ってもいいー?』



「ん、わかった。
じゃあ追って迎えに行くわ」



佐藤『(電話)ありがとー』



「じゃあ」





























18:30 佐藤 家の前





「そこで待ってて」



(?)「はいはい」






ピンポーン



佐藤『おまたせー』



「ちょ、お前普段着だな、それ」



佐藤『え、うん。まあ』



「なんかないの?
出かける用の服みたいな」



佐藤『んー、どこだろ、服多いからなー
てか、北斗はなんでスーツ?』



「まぁ、高級なとこいくから?」



佐藤『へぇ、』



「じゃあいいや、とりあえずきて?」



佐藤『ん、わかった』






「おまたせ。」



(?)「はい、2人で後ろ乗って」




佐藤『えまって、なんで樹いるの?』



樹「いちゃ悪いか」



佐藤『いや、、、』



「まあいいから早く乗って、行くよ」



佐藤『はぁ、』