無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第103話

M 誌・お 悩 み 相 談 室





佐藤side













『第4回!佐藤のお悩み相談室!今回の相談者
HiHi Jetsより、井上瑞稀くんでーすぅ』




瑞稀「よろしくお願いしまーす」




『毎回この入り方するけどさ、

瑞稀に悩みなんかあんの?』




瑞稀「ありますよ悩みくらい」



『え、なに。』



瑞稀「あなたのこと好きすぎるの。」



『それではまた次回ー!!』



瑞稀「ばいばーい!」



『っておい。』



瑞稀「嘘だってばー」



『それもそれで悲しいなおい』 ←



瑞稀「大好きだよー??」



『それもやだな、、、。』



瑞稀「えっ、」




『で、本当はなんなの?』


瑞稀「えっと、最近スタバに行けてなくて...」



『は、い、、、、?』



瑞稀「そーのまま!!」



『はぁ...... 明日ひま?』



瑞稀「うんうん」


『......明日行く?』


瑞稀「いくいくいく」




『はあい!また次回〜!』


瑞稀「ばいばーい」



『え、尺とれてない?』


瑞稀「もうよくない?空白全部写真で」



『じゃあ写真撮る時に喋ってたこと書けばいいよ!』



瑞稀「それいいじゃん」



『そんじゃあシメはそっちで!
撮影お願いしまーす』











_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
(撮影後.....)



『はい!ということで今回の相談者、井上瑞稀さんでしたー』



瑞稀「明日渋谷のスタバに行きまーす」


『この雑誌の発売まだ先だけどね』


瑞稀「また来月〜」


『それ私のセリフだわ!ww

ばいばーい!!』