無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

ス タ バ 。
優斗side













こんちわー

乗り気になれない髙橋優斗でーす







なんでかって?


この前の瑞稀とあなたがKAGUYAの件で喧嘩した時に

俺がスタバを奢るハメになったんですよ!!



橋本にはぜってぇおごらねえ。←




















蒼弥「どーもー」



みんな「HiHi Jetsでーす」



さとみず「Foooooooo!!!!!!!!」



「うるせえよ!!!!!!!!!」



さとみず「おまえもな!!!!」







蒼弥「ってことでですねー。今日は!!」



HiHi - 蒼弥「お!!」



蒼弥「なんと!!!」



HiHi - 蒼弥「おお!!」



蒼弥「なんとお!!」



HiHi - 蒼弥「シーン……」



蒼弥「え、wwwww」



HiHi - 蒼弥「wwwwwww」



蒼弥「今日はスターバックスさんにきています!!」



さとみず「いえええええええい!!」



涼「2人スタバ大好きだもんねww」



瑞稀「ガリさんスタバのことさん付けした事ないでしょ。www」



蒼弥「俺初めてだよ?!スターバックスさんwww」



みんな「wwwwwwwwww」



佐藤『ということで!さっそくいきましょー!』





















蒼弥「えー、今日の企画はですね。

まあ、先日プライベートで色々ありまして、、

優斗が、みんなにスタバを奢ることになったんですけど」





「ほんとあなたと瑞稀にしか奢る気ないんだけど?」



龍斗「だめでーす」



「これは作間が悪い!!!」



佐藤『はよ企画いこーぜえー』



蒼弥「飲みたいだけじゃんww

えっと、それでですね、今日は普通には飲めません!!」



HiHi - 蒼弥「えええ?!?!」



佐藤『きいてない!!!やだ!!普通に飲む!!』



瑞稀「だーから動画撮るのやめようって言ったんじゃん」



涼「はーいガチギレしなーい」



さとみず「チッッ ))) 」



「おいwwwww」



蒼弥「まずはルールを説明します!

スターバックスさんの人気メニューtop10があります!

えー、自分が何位を当てるかを言って、それプラス、その順位だと思う味のものを選んでいただきます!

当たった人のみ、飲むことができます!

えー、これは3回戦まで行います!」





佐藤『えっ、じゃあ全員3回とも当たったら6×3で18、×例えば700?だとしたら……』



瑞稀「12600えん!!」



蒼弥「全部優斗のおごりになりまーす」



「ふざけんなよっ!!!!!」



佐藤『みんなで当てよー!!!』



HiHi - 優斗「おー!!!!!」