無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

那 須 と 茄 子 。
~10分後~


~那須家~



那須side











ぴんぽーん




「あなた火見てて





はーいっ

え?!なんで???」




佐藤『那須どしたーん?

て、え?は?なんで瑞稀??』







瑞稀「あなたが変なことされてないか見張りに来ました」






佐藤『されてないゆーとるやん!!』






「え、まって、あなた!火!!」







佐藤『へ?あ!やば!!!』












「せーふっっっ」






佐藤『ごめんっっ』





「いいけど気を付けてね??


てか、2人分しか作ってないよ?」







瑞稀「あ、俺佐藤の食べるんで」







佐藤『は?氏ね←』





「あなた俺の半分する?」



佐藤『する!!!那須すきぃー♡』







瑞稀「うわー。リア充ー爆発しろー。」






佐藤『誰のせいや思っとんねん。


あれやろ?どーせうちと食べたかったんやろ?』





瑞稀「ち、ちがうわあほ!」






佐藤『図星やんー

しょーがないなあ、あなた様が一緒に食べてあげるよっ』





瑞稀「そこまで言うなら…………」





「じゃあ俺のと瑞稀の半分ずつ食べる?」





佐藤『そんないらんわ!

ジャニーズの姫をぶくぶくにさせるんか?!』





「あっごめ」

















佐藤side








今日の昼ごはんは麻婆茄子っっ


やっぱ那須が作るナス料理は最高や!!




本気でしょげちゃった那須くんにはあとであなたちゃんから慰めの一言をあげますかっっ




わたしだって那須に、もっとデレたいわよ


でも恥ずかしいんだってば。







こんなこと一生言えない。うん。