無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第162話

M 誌・お 悩 み 相 談 室





佐藤side























『第6回!佐藤のお悩み相談室~
今月のゲスト、TravisJapanより、
松田元太くんでーすぅ』



松田「よろしくお願いしますー」



『TravisJapan2人目ということでね!
前回は松倉さんがね!
身長について語られていきましたが』



松田「そーっすね、
まあ、俺はもうすぐ170なんで」



『私はもうすぐ175なんでねっ』



松田「ねえ、でかすぎwww」



『でかい女は嫌いですか、、、?』



松田「嫌いじゃないけどヒール履かないでほしい」



『あっはwwww』



松田「だってそうでしょ?!」



『そうだねwwww
元太くんのお悩みはなんでしょ』



松田「えーと、まあ、松倉についてなんだけど」



『お、松松エピソード。』



松田「えっと、LIVEとかで2人の絡みやるとき多くて
この前はお互いのうちわ持って
笑う(?)っていうやつやったんだけど」



『あーあれめちゃくそかわいかった』



松田「口悪いなww
あーゆーのってファンの人嬉しいのかなって」



『私からしたらすごくすごく嬉しいです』



松田「そうなの」



『たぶん松松担の人いっぱいいるから
そーゆーのすっごい嬉しいと思うし
なくなったらなくなったで
2人の仲が悪くなったのかと思われる
可能性もあるからぜひ続けてください』



松田「わっかりましたー」



『この企画ね、いつも尺足りないの。
でも今日は足りるっぽい』



松田「おーよかったじゃん?」



『今月で半年なんですよ、
この企画始めてから。』



松田「え!おめでたい」



『ということでね?
来月から企画が変わります!!

タイトル(?)は
“ HiHi cafe ” っていうのになります』



松田「おお?」



『企画内容はですね、毎月、
HiHi Jetsともう1グループで集まって、
お互いのグループの接点とか関わりとか
そういうプライベートなことを
お茶しながら話すっていう企画になります』



松田「なるほどー!」



『どのグループになるかは
ハガキで募集するらしいので
ぜひみなさんお書き下さいー!』



松田「初回はどのグループになるんですか?」



『初回はやっぱり美 少年でしょう』



松田「あーだと思った!」



『え?ありがとう』←



松田「褒めてないよ」



『ということで!今月のゲスト、
TravisJapanより、松田元太くんでしたー

あげみぇ〜ん!』



松田「突然!あげみ!」


『ばいばーいっ!みぇん』