無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

富 士 急 。
岸side














どーもー甘い甘いお砂糖さんの頼れる同期!

岸優太でーす!!


(←ちがいます。 By 砂糖)






今日はですね。佐藤さんとデー……


(←ちがいますから。 By 佐藤)








2人でなんと、富士急に来てますー。プライベー……


(←だからちがいます。 By 佐藤)














はい。仕事です。なんで絶叫なんか乗らなきゃいけないのさ!



ほんとは俺があなたを守ってあげなきゃいけないんですけどー。



岸は絶叫が苦手です。


それに比べてあの方………………。























佐藤『みなさんどうも!こんにちは!!!

HiHi Jetsの佐藤あなたです!!』



「King&Princeの岸優太でーす」



佐藤『え、テンション低。』



「え、絶叫乗るんだよ??」



佐藤『それがいいんじゃん!!

ということで!!私たちは!富士急ハイランドにきていまーす!!』



「わーパチパチ))」



佐藤『今日の企画はですね!

絶叫マシンの上からメンバーに言いたいことを叫ぼう!!です!


落ちる寸前にメンバーに言いたいことを叫ぶという企画でーす』



「あなたとか言いたいことありすぎじゃない?ww」



佐藤『(無視)えーと、このボックスにですね、お互いのメンバーの名前が入っています。

えーてことは、計9人ですね。』



「無視はやめましょー!

てことは例えば、俺が瑞稀くんを引く可能性も……?」



佐藤『ありますね!!


えーそして!なんと、このなかには…?

スキスキカード……というものが入っていましてですね。それを引いたらそのメンバーの好きなところを叫ばなければいけません!』



「俺はいいとして、あなたは……wwww」



佐藤『この人は何に笑ってるんでしょーね?』



「いえ、特に何も。」



佐藤『それでは早速行きましょう!!

レッツー??』



さときし「Go!!!!!」