無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第95話

作間と佐藤の、らじおー!
前回の続き




佐藤side













龍斗「恋人にしたいは大体想像つく」




『そーだと思うじゃん?

結構違うんだよねえ、、、、、』




龍斗「ほんとに??」




『ほんとに!!!

じゃあ3位から!



3位は、、、



















とらびすじゃぱーん!うーやっほーい!』




龍斗「お、、、」



















『松田元太くんでーすぅ』




龍斗「え!!!!!!」




『え?』




龍斗「松倉くんじゃないの」





『えっへ、、だと思ったでしょ?』





龍斗「だってあなた松倉くん大好きじゃん」




『大好きだよ?恋人は元太くんがいい。』←





龍斗「ほえええええ」




『じゃあ第2位ね~

第2位はー、、、、






















こすみーっくめーろでぃーいーいー』





龍斗「えええ?!」




























『うきしょひだかくぅんでーす』




龍斗「ええええ?!?!どゆこと」




『飛貴くんはね、めっちゃ尽くしてくれそ』




龍斗「俺も尽くすよ (イケボ) 」←




『ねえまじやめろwwwwwww』




龍斗「www」




『んじゃあ第1位!!!

てれんっ』




龍斗「てれんってクイズじゃねww」




『ぶはwwww

1位は、、、



















おーだいやもんどーすまあいる

よあだいやもんどすまあいる

いーちーびょーさきーはもっともっともっと

かがーやーくぅーー』





龍斗「あ、みっちーでしょ」←
























『ねえ!!!!!!

言わないでよ!!!!』




龍斗「あたったあ」




『みっちーでーすっ』




龍斗「えまって? 那須くんは?」




『だって那須くんは恋人にしたい じゃなくて

恋人だもん』




龍斗「ヒューヒュー」




『おいなめてんじゃねえぞ』




龍斗「こわーいこわーい」




『はい!!ニコッッということで!

佐藤の勝手にJr.大賞でしたあっ!!


あ、もち、みんなだいすきだよ???』





龍斗「俺もみんなすきっっ」




『ということで長々と1時間喋りっぱなしでしたが!どうでしたでしょうかっ!!!』




龍斗「ぜひコメント欄に皆さんのJr.大賞も書いてみてくださいねぇ

それでは以上!!」




さとさく「さくおせでしたあああ!!!!」




『また来週っ!!!ばいっ!』




龍斗「ばあーい!」