無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

み じ ゅ き の ひ み つ
橋本side













今日は久々の学校です~


ってことで、これからあなたの家に瑞稀くんと迎えにいってきまーす












瑞稀「ねえ、はしもっちゃん?」



「ん?」



瑞稀「俺の気持ちってあなたにバレてんのかな。」



「あなた以外はしってるだろーな。バレバレ。
でもあなたは鈍感だからなー。」



瑞稀「だよね。知られた方がいいのかな?」



「なんか、瑞稀くんが悩んでるー珍しい」



瑞稀「うるさい。」



佐藤『なーにに悩んでるの?』



はしみず「うわあ」



佐藤『え、そんなに驚く?』



瑞稀「びっくりした。てか起きれたんだ」



佐藤『まあねっ

んで、何に悩んでるの?』



「えっとねー、、、」



瑞稀「なーんでもないよ?」



佐藤『ふーん。じゃあ今日のテストの結果発表で瑞稀が私に勝ったら聞かない。私が勝ったら聞く。どー?』



瑞稀「勝ち目ないじゃん。」



佐藤『んー、じゃあ瑞稀が学年10位以内に入ったか入ってないか!』



瑞稀「わ、わかった。」



「ねえ、大丈夫?」



瑞稀「分かんない。」

















~テスト結果~


1位: 佐藤あなた 合計 500点

2位: ○○ ○○ 合計 482点





11位: 井上瑞稀 合計 ○○○点













佐藤『いえーい!1位~』



「すげぇ。あんな忙しいのにいつ勉強してんの」



瑞稀「やばい……。」



佐藤『うわ!瑞稀11位じゃん!』



「ねえ、ほんとに言うの?」



瑞稀「まあ、約束だから……」



「そっか。じゃあ頑張って……。」



瑞稀「ありがと。」









佐藤『じゃあ今日の放課後マックで!』



はしみず「はーい」