無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第131話

那 須 雄 登





前回の続き




佐藤side








おうち帰ってきたんだけど


なに。


は?


意味わからんねんけど


















瑞稀「おかえり」



『は?』



瑞稀「え、おかえりって」



『なに。なんでいるの。』



瑞稀「えっと、那須くんから
熱出して帰ったから家で待っててって
LINEきたんだよね」



『鍵は』



瑞稀「あー、前那須くんに合鍵作ってもらった」



『は、、?』



瑞稀「言い忘れてましたっっ」



『お前まじーーー』



瑞稀「ごめんってえええええ」














なにこいつ?!

ありえへんし!!


でも瑞稀に那須のデレを見せる訳には、、、

これは私だけの特権、、、















『とりま那須部屋につれてく』



那須「あなた~」



『ふぇっ?!』



那須「腹減った」



『あれ、、、、?』



那須「ん?なに?」



『でれ、、、てない、、』



那須「デレ?なに?」



瑞稀「デレてたの?」



那須「デレてないよ」



『那須きて』 (動画見せる)



那須「は?!なにこれ!!!」



『さっきまでのあなたです』



那須「いやいやいやいや!!!」



瑞稀「なに?気になる見せて」



さとなす「ぜったいいや!!!!!!」



瑞稀「ええっ?!」


















これは永久保存版ですね。はい。


円盤化決定するからみんな買ってよね❤︎



とゆーことでまた明日

撮影行ってきますね