無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第124話

きんぐあんどぷりんすぅー
佐藤side













~King&Prince 楽屋~



ガチャッッッ







佐藤『こんちはー海人くんいますかぁー』



海人「はーいいますよー」



佐藤『はぴばーすでぃーー』



海人「わーありがとう☺︎」




平野「わー海人いいなー」




佐藤『そんじゃあ帰りまーす』



永瀬「えっ?!」



佐藤『えっ?』



永瀬「あ、いや。」


















永瀬side



知らないんか?俺の入所日....

まあ、知らんよな。嫌われてるんやし。













プルルルルッ

プルルルルッ




【佐藤あなた】



えっ、、、、




「もしもし」



佐藤『楽屋来て。10秒で。 プツッッ』



ツーッツーッ







え、、、、がく、、


(走り出す)





















ガチャッッッ


~HiHi Jets楽屋~




「ハァッ、ハァッ」



佐藤『入所日おめでと。』



「えっ、、、、!」



佐藤『はいこれ、プレゼントね』



「あ、りがとう、、」



佐藤『はい、帰ってください。』


(追い出す)




ガチャッッッ





えっ、と?喜んでいいんだよね…


ん、なんか複雑だ。